プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第18首~⑤アマクニムカヒ トコタチ(解読)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

第18首も最後の一節だよ~

「アマクニムカヒ」が「トコタチ」だよ~(?-?)

 

 

 

カタカムナ第18首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220115152715j:plain

現象として発生する「音の響き」が大事なので

声に出してウタのリズムで詠みましょう☆

 

カタカムナ第18首】

カムアシキネ アマタマノ ムカヒ

アマアメ オホトノヂ オホトノベ

アマクニ ムカヒ トコタチ

 

「アマクニ」という響き…「天(天界)と国(地上界)」に見えてくるなぁ

 

◆「アマクニムカヒ トコタチ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220116151440j:plain

  • ア(感じる、生命、現象)
  • マ(間、真、受容、現象化の間)
  • ク(自由に、引き寄る)
  • ニ(定着、圧力、結実、現れ)
  • ム(無、広がり、地下)
  • カ(根源の力)
  • ヒ(一つ、根源から出入、最初のフトマリ)
  • ト(重合、統合)
  • コ(転がり出入、回転運動、繰り返しの動き・働き)
  • タ(分かれ出る)
  • チ(凝縮、持続する)

ここから音を連ねて「言葉」にして解読を進めていきます。

 

◆「アマ+クニ+ムカヒ+トコ+タチ」とは

  • アマ:アの間=アマ現象界
  • クニ:自由に、引き寄る(ク)+定着・圧力
  • ムカヒ:目には見えない無限に広がる「根源の力」を秘めたヒ粒子

一音一音の音の示しを繋げ解釈すると

どうやら「アマ現象界」の性質や様子を述べているような感じですね。

 

”アマ現象界は「クニするムカヒの場」であり

トコ(重統合を繰り返す)+タチ(性質)をもつ”

 

アマアメで現象界での「現象化粒子」の変還を示し、

アマクニで現象界の「現象化の場」としての性質を示しているのかな。

 

◆アマクニ=天・国 がムカヒする場

「アマクニムカヒ」という音を現代語で読み解くと

「天・国 の向かい」になりますよね。

 

古事記や日本神話を見ても

天津神」と「国津神」という「分け」がありますからね。

私はこれを「天と地」の意味にとっていたのですが

天の対になる「向かい合う存在」が国なわけです。

クニの音が示すのは「天界」に対する「地上界」というよりは

「複雑な構造をもった現象・現象物」に見えてきたのです。

 

だから現代語での解読も加えると

アマ現象界は「天と地が向かい合う場」であり、

「天の生成力」と「複雑な構造を成す現象化粒子」の

対向発生の場で、現象の場はトコの性質を持つ。

 

こんな、意味の示しも感受できますね~

カタカムナ文字も歌の示しも「動きある立体」なので

意味の示しも「一面」だけではなく「多面体」なんだと思う私です。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村