プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第23首~①アマ・タカマカハラとは(天=高天原)

f:id:mousoumajyo:20220131141315j:plain

この図を見た時に、「どこまで見えているか?」

を常に自問自答することが大事だと気付き始めた私です。

 

 

こう見るか

f:id:mousoumajyo:20220131141810j:plain

または「成立ち⇒構造」まで見ることができるか?

f:id:mousoumajyo:20220131142419j:plain

とにかく「見えない部分を想像する」ってことが

「知る」の本質なんだなぁとカタカムナと神聖幾何学に教えられた私です☆

 

 

カタカムナ第23首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220213153343j:plain

声に出して音を響かせ「現象化」しましょう☆

 

カタカムナ第23首】

アマタカマカハラ アワチホノサワケ

アメクニクラト オキミツゴシマ

 

非常に短いウタですが、その示しは深いのです。

日本神話でいう「天界」=「高天原」が登場ですよ~

その音に込められた意味って何だと思いますか?

 

◆「アマ タカマカハラ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220213153716j:plain

  • ア(感じる、生命、現象)
  • マ(間、真、現象界の間)
  • タ(分かれ出る、正反親和の状態で発生、独立発生)
  • カ(カムの根源の力、はじまりの根源力)
  • ハ(引き合う、正反)
  • ラ(場、関わり)

ここから音を連ねて「言葉」にして解読を

 

◆アマ・タカ・マカ・ハラとは

アマ現象界での「現象化」の動きが

アマ・タカ・マカ・ハラの4つの示しで表現されています。

 

  • アマ(アマ現象界、生命・現象の間)
  • タカ(アマ現象界に正反発生した根源の力「カ」)
  • マカ(マのカ=場の力、マとカの重合)
  • ハラ(正反発生・親和重合のカカワリの場)

 

流れでつなげて読むと

「アマ現象界=生命・現象の間に正反(タカミ・カムミ)発生した根源の力『カ』は」

「現象化の間(環境・場)の力となり、マとカの重合により」

「現象の間(現象化環境場)は”正反発生・重合をカカワリ場”の性質を持つ」

こんな感じになるかと。

 

◆「天=高天原」が示す現象界の法則

アマ・タカマカハラ=「天」「高天原」を示す音であり

「天界」を指していますよね。

そして、この音の響きはどうやら

「天の生成力、創造原理」を示しているようなのです。

 

タカカムナ・相似で検索すると出てくる

カタカムナ解読の先輩方によると

「カムアマの変還の物理」

  1. アマ(始元)
  2. タカ(発生)
  3. マカ(重合)
  4. ハラ(正反・分化・還元)

の順序が示されているんだそうです。

これがまさに「マノスベ」示しだと。

 

私の解読では「アマ=はじまりの場の出現」の意味合いが強いのかなぁと。

私なりに上記のように端的に表現してみると

  1. アマ(現象化の間・場の出現)
  2. タカ(根源の力の正反発生)
  3. マカ(間と力の融合)
  4. ハラ(力が作用し合う、カカワリの場へ)

現象界に潜象界の力が「ウツシ」され

現象界そのものに現象化を誘導する「タチ・性質」力・働き・作用が持たされている

ってことがそもそもの「根本原理」としてあるよ~って示しかと。

 

この天=現象界=宇宙そのものが「生き物(現象物)」で

思考・指向性(進む方向性)もって活動しているんだよ~

ってことかな。

 

潜象の思考・指向(生成設計計画)は

最初にアマ現象界の「現象化の環境場」にガツンと「写されてる」から

生きた現象場がどんどん万物万象を発生させていくんだぜ~ってか。

 

この世界は潜象根源の力と場の力の相互作用でできてるのだな。

現象界を「巨大な生き物(生命)」にしたことで、オートに成長・変化させてるわけね。(すげー頭いいなぁカム界の思考する存在よ)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村