プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第26首~②ウヅメクソとは 

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

よーし、どんどん行こう~♪
小分けしてグッと寄ってみてから、最後に全体をみると印象が変わる…

それがタカカムナのウタの示しなのです。

 

 

 

カタカムナ第26首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220228155351j:plain

声に出して、音を響かせ現象化させましょう☆

 

カタカムナ第26首】

タクリカナヤマ ウヅメクソ アメノハニヤス 

ミツハノメ オキツフトマリ

 

よ~し、「ウヅメクソ」が何なのか読み解いていくよ~

 

◆「ウヅメクソ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220228155806j:plain

  • ウ(界面から生まれる、潜象から発生、生まれ出る)
  • ヅ(集まる、個々の)
  • メ(芽、目、思考、指向、渦の目)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • ソ(外れる、環境、それぞれの)

ここから音を重ねて「言葉」にして解読を

 

◆「ウヅメ+クソ」とは

日本神話で活躍された芸事の神=アメノウズメ命の御名から

「ウヅメ」で1つのマトマリとしてみた。

つづく「クソ」は、現代語の「クソ」とはだいぶ意味が違うのでご注意を!

 

●ウヅメ=渦の目⁉

潜象界面から生まれ出た(ウ)集まる個々粒子(ヅ)は指向性(思考性)の芽(メ)をもっていて

ウ界面から方向性と指向(思考)性をもった粒子が発生する「渦の目」

カム界とアマ界を繋いでいる「境界・界面」には「渦の目」があるようです。

界面そのものが「渦状」でその中心が「根源の力を秘めた粒子」を放出する「渦目」ってことだろう。

 

ほほ~これはイメージしやすくなりましたなφ(..)メモメモ

 

カタカムナの「クソ」≠現代語の「クソ」

カム界の界面の「渦目」から

自由に引き寄り(ク)、外れる(ソ)を繰り返す

「根源の力を秘めた」粒子が放出される。

 

「クソ」で引き合う力(動き・作用)+外に向かう、離れる力(動き・作用)を示しているんだと私はよみました。

 

◆「ウヅはメクソ」とも

ウ界面から発生・噴出する「個々粒子」(ウヅ)は

  • 方向性・指向(思考)性を持ち(メ)
  • 自由に引き寄り(ク)
  • 自由に離れる(ソ)

方向性+引きあう力+分離・外に向かう力をヒメている。

こうも読み取れますね。

 

たぶん、「ウヅメ+クソ」と「ウヅ+メクソ」の2つの意味を持っているんだと思う。

なぜなら「渦」も「渦の目」も「ウ界面から発生する個々粒子」も

タクリカナヤマの正体を知るのに重要なことだから。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村