プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第26首~⑤オキツフトマリとは?

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

では26首のラスト一節の解読へ

 

 

 

カタカムナ第26首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220228155351j:plain

声に出して、音を響かせウタいましょう☆

 

カタカムナ第26首】

タクリカナヤマ ウヅメクソ

アメノハニヤス ミツハノメ

オキツフトマリ

 

7音5音のすっきりしたウタになってます~☆

では、「オキツフトマリ」の解読へ

 

◆「オキツフトマリ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220303142914j:plain

  • オ(奥深く、六方環境・立体化環境)
  • キ(気、エネルギー、発生)
  • ツ(集まる、個々の)
  • フ(2つ、負、増える)
  • ト(重合、統合)
  • マ(間、真、現象界の間、受容)
  • リ(離れる、対向発生)

ここから音を連ねて「言葉」にして解読を

 

◆オキツ+フトマリとは

「フトマリ」はカタカムナで重要な音のヒビキ=言葉です。

まずは、その前にある「オキツ」から読み解きを

 

●「オキツ」=オキのツ

オキ=六方環境・立体化の環境(オ)に於いて「キ(発生)する」=立体化

なので

オキツ=現象化の間(現象界)で立体化して発生した個々粒子

この「オキツ」が「フトマリ」だというわけです。

 

●「フトマリ」=正反親和重合のマリ

f:id:mousoumajyo:20220224162246j:plain

※これは以前紹介した図(今回のオキツフトマリそのものじゃないよ)

 

このように「差」はあれど、

ミツゴの正反が芽となって発生する粒子も

「正反の2つが重合された球・粒子」というわけです。

 

◆オキツ=6種の立体粒子⁉

ウタの示しの流れ的に「ミツゴの正反」なんで、

  • イカツミ(電気素量)の正・反
  • マクミ(磁気素量)の正・反
  • カラミ(力素量)の正・反

「6」種類ってのは納得できますが

「オキツ」という言葉・音のヒビキ事態に

「6種の粒子」という意味が込められているようなのです。

 

「オ」=六方環境(前後左右上下、南北東西+天地)というように

「オ」という音には「6種」「6方向」って示しが根底にあるのかも。

 

さて、「ウ界面」の渦目から現象の間に湧き出た

この「6種の立体粒子」って何のことだと思いますか?

 

f:id:mousoumajyo:20220109152158j:plain

私は「ミツゴマリの正反」ってところから

電気+磁気+力が作る「最初の極微粒子」なんで

原子核~原子」を想像して、その構成粒子なんで『素粒子』を思い浮かべました。

 

ですが、26首の全体まとめを「図解」しはじめたところ

また違った「6種の立体」が見えてきたのです。

 

「26首まとめ」につづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村