プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第28首~④イハサクネサク(火之迦具土神の血から生まれた神)

f:id:mousoumajyo:20220318164216j:plain

よ~し、どんどん行こう!

「イハサクネサク」の音のヒビキ…聖書っぽいねφ(..)メモメモ

 

 

 

カタカムナ第28首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220318143746j:plain

声に出して、音を響かせ歌いましょう☆

 

カタカムナ第28首】

イキノヒトツネ イククヒノツチ カグナツチ

イハサクネサク イハツツヌヲ

 

「イハサクネサク」声に出して詠んだ時

どんなイメージが浮かんできましたか?

 

◆イハサクネサク 一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220318173449j:plain

  • イ(陰、伝わるもの、あらゆる生命体を構成する最初のハジマリ)
  • ハ(正反・引き合う)
  • サ(遮り、差、現象の干渉)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • ネ(根、充電、充たす)

ここから音を連ねて「ことば」にして解読を

 

◆イハサク+ネサクとは

日本神話の神の名を参考に

「イハサク+ネサク」と音を纏めて言葉にしてみました。

※日本神話では「イワサク、ネサク」の2神です

 

●イハ サク=「イハがサク」

音の示しやこれまでの流れでいうと

”生命現象粒子「イ」の正反(ハ)に発生し、引き合い

差・現象界の干渉によって「自由に裂かれて」=分離・分裂発生(サク)して”

となりますが、もう一つ

”命・生命現象(イ)の葉が茂る、花が咲く(ハ・サク)”

というイメージも浮かぶのです。

 

 

●ネサク=「根がサク」

イキノヒトツネの「根」がイハサクによって「ネサクされる」ってことかな。

”根が裂ける・割ける・咲ける”

⇒根が地中に生え広がるイメージ 

 

火之迦具土神の血より生まれし神「イワサク・ネサク」

イワサク・ネサクの2神は父・イザナギに斬られ亡くなった

カグツチの血から生まれた「火の力をひく神」です。

 

イワサク=岩を斬り裂くほどの力(雷・剣・農耕器具の神格化)

ネサク=根を断ち切るほどの力(雷、剣・農機器具の神格化)

 

火の神の血から生まれているので

「火×血」という漲る生命力と情熱を秘めた神で

主に「農業の守護神」「開墾の神」の意味合いが強いですが

生命力・情熱と同時に「破壊」の力も秘めていますよね。

 

生成と破壊が一体になっているわけです。

火由来のもの凄い「力」が大地(土・地中)にはあるということでしょう。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村