プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第30首~フトナシメシウタ とは

フトナ…シメシ…ウタ⁉

何のことをいっているのでしょう?

 

 

 

カタカムナ第30首を詠む

声に出して音を響かせ歌いましょう☆

 

カタカムナ第30首】

トヨクモヌ フツサカルツミ フトナシメシウタ

マリタバネ カブシウキフヌ マグルマリ

ウヒチニホロシ カタカムナ タカマカムスビヌシ 

イモイククヒ カミワクサトリ

 

第30首は長いし、難解です(^^;

でも1音1音の示しから読み解いて、全体を把握していきたいと思います。

 

◆「フトナシメシウタ」1音1音の示し

  • フ(ふたつ、増える、負)
  • ト(重合、統合)
  • ナ(核、重要なもの、何回も、夥しい)
  • シ(示し、現象、司る)
  • メ(思考、指向、芽、渦の目、発芽・発生)
  • ウ(生れ出る、界面からの発生・出現)
  • タ(分かれる、正反発生、正反親和の状態で発生)

ここから音を連ねて「ことば」にして解読を

 

◆フトナ+シメシ+ウタ とは

カタカムナ文字が示すとおりに

「フトナ」「シメシ」「ウタ」で音を纏めました。

 

●「フトナ」とは

  • 2つの重合による核
  • 発生・増殖+重統合をくり返しできる「2つの重合核」

つまり現象の核となる「アマナ」を指しているようです。

 

●「シメシ」とは

シメシ…音だけ聞くと「示し」って文字イメージが浮かびますよね。

たぶん、それで合ってる気がします。

でも、音の示しから更に細かく読み解いておきましょう。

 

”シメシ=「シメ」が示され(シ)た”と読めますよね。

では、「シメ」が何かと考えると…「現象の芽」「現象化の渦目」

なんじゃないでしょうか。

 

現象の芽は「アマナ」、現象化の渦目は「現象化のチカラのカカワリ」

それが示される、示された、示しの「ウタ」だっていうてますな。

 

●「ウタ」とは

ウタ=歌、唄、カタカムナのウタヒのこと

と考えられますが、

1音1音の示しから更に細かく見ておきましょう。

 

”ウ界面(潜象カム界のアマ現象界との界面)から正反(正反親和の状態)で発生する”

「ウタ」というのはこの”現象界の創造の始まり”の「点」を指しているんですかね。

 

「ウタを詠む」というのは実は「真理」を語るということなのかもしれません。

 

◆フトナ示し歌

まー日本語の感覚をもって感受するなら

「フトナ示し歌」になるよね。

 

”フトナ(生命・現象の核=アマナ)の発生(原理)を示すウタ”

もしくは「ウタで示し残します」ってことか。

 

つまり、「この後フトナの発生原理を解説するよ~」って云ってるのよね?

これは、心して読まねば!

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村