プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第30首~④マリタバネ(超ひも理論⁉)

f:id:mousoumajyo:20220131144457j:plain

第30首は長めの歌で難解なので丁寧に細かく覗いていこう…

「マリ・タバネ」とは何を示しているのでしょうか?

 

 

 

カタカムナ第30首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220328152237j:plain

声に出して音を響かせ示しを感受☆

 

カタカムナ第30首】

トヨクモヌ フツサカルツミ フトナシメシウタ

マリタバネ ガブシウキフヌ メグルマリ

ウヒチニホロシ カタカムナ タカマカムスビ 

イモイククヒ カミワクサトリ

 

マリタバネ…何となく現代日本語でもイメージ湧いてきますよね。

 

◆「マリタバネ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220328152716j:plain

  • マ(間、真、受容、現象界の間)
  • リ(離れる、対向発生)
  • タ(分かれ出る、独立発生、正反発生)
  • バ(引き合う、正反)
  • ネ(根、充電・充たす)

ここから音を連ねて「ことば」にして解読を

 

◆マリ+タバネ とは

カタカムナ文字の示しで既に「音の纏まり」が示されているので

「マリ」+「タバネ」で解読をしていきましょう。

 

◎「マリ」とは

  • 現象界の間(環境・場)に、対向発生した
  • 現象化の間に練り込まれた「潜象の根源力」が間から分離発生して

一音一音の示しから読むと「マリ」はこんな変化・状態をしてしており

その発生したものが「マリ=鞠=球状(粒子状)」と読めます。

 

◎「タバネ」とは

もう、音の響き聞いた瞬間に「鞠、束ね」がイメージ湧いちゃったよね(^^;

でも一音一音の示しでみていくと

 

”正反に分かれ出た「マリ」が、正反引き合い「正反の根」として束ねられ”

次に登場する「ウキフカブシヌ」に繋がるようです。

 

ここで注目したいのは「タバネ」が持つ可能性なのです。

◆古語でみる「束ね」⇒「束ね緒」

古語で「たばね」を調べてみると、

やはり「束ね」と出てきます(想定内)。

 

注目したいのは「束ね」束ねる、束という示しには

「束ね緒」の存在が不可欠であるということ!

 

「束ね緒」って何のことかと言うと「束ねるための”紐”」のことなのです!

我々のような現象界での生成物=万物万象を「在る」たらしめる

根本にあるのが「マリした根源の力」を束ねる「紐」かもしれないのです。

 

これって、これってカタカムナではこれまで

根源の力を秘めた「現象界の生成力」を

アワ・サヌキの力のフトマリ=超極微の粒子(球体)って表現してますが

そこから「紐状」や更にトポロジー的変化もするって云うてるんですかね。

 

なんて勝手にロマンを膨らませている私です。

振動する潜象の力粒子からマリやオになって…ってことかな。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村