プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第32首~③クナギノタマワケ とは

「クナギノタマワケ」…何のことだろう?

とっさに三種の神器の2つが頭に浮かんだ私です。

 

 

 

カタカムナ第32首を詠む

声に出して、音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第32首】

アマノカミ アメノヨロヅ クナギノタマワケ

アヤクメシコネ カムツミ シヅマリヌ

イツノタテカム アワナギ カサネ 

アハヂノ ホノサワケ シマ イヨノ イヤシロチ

 

では、解読を進めていきましょう。

 

◆「クナギノタマワケ」一音一音の示し

  • ク(引き寄る、自由な)
  • ナ(何回も、核、重要なモノ、変化・多様性)
  • ギ(発生、気、エネルギー、潜象の干渉)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • タ(分かれ出る、区分けされることで独立的に発生)
  • マ(間、真、現象界の間、感受)
  • ワ(環、輪、和、調和)
  • ケ(放出する、様々な変化性)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆クナギ+ノ+タマ+ワケとは

ここでカタカムナ文字の表記をしっかり確認!

「アマノ」「アメノ」は「ノ」まで含めて1文字表記だったのに対し

「クナギ」「ノ」「タマ」「ワケ」と「ノ」が独立的に表記されてる。

ということは

「クナギ⇒変還(ノ)して⇒タマへ」という変化の前後を繋いでいるのかな。

 

◎クナギとは

  • 自由に、引き寄る(ク)何度も発生を繰り返すエネルギー(ナギ)
  • 自由に、引き寄り(ク)核となる(ナ)発生エネルギー(ギ)

更に「ナギ=粒子性」を持っている「自由粒子」という意味も見える。

つまり、

”自由に、引き寄り+発生をくり返し「生命・現象の核」となる自由エネルギー粒子”

 

◎クナギ=ノ して⇒タマワケへ

その「生命・現象の核となる自由エネルギー粒子=クナギ」が

変還(ノ)して「核となる(タマ)」へとワケ(調和・発生)られて

 

クナギ(核となる発生エネルギー)が変還して「核なるタマ=アマナ」になって

⇒エネルギーのカカワリのワ(環・和)から発生

⇒調和した纏まりの球(タマ)として発生

 

ということが読み取れます。

ここで「アマナ」の形成・発生が示されていたのですね。

 

三種の神器草薙剣と勾玉

私が最初に「クナギタマ ワケ」の音の響きからイメージしたのが

三種の神器の内の2つでした。

理由は特になくて、まさに「あれだ!」って思い浮かんだんです。

 

でも興味深いのは”「生命・現象=生成される万物万象」の核となるタマ”

「アマナ」ってまさに勾玉の形状のイメージなんですよね。

 

それに「草薙剣」はあの天界の暴れん坊 スサノオ尊が

八岐大蛇を倒した時に大蛇の体内(尾)から見つかった神剣ですから

まさに「神のとんでもない力=エネルギー」の象徴のような気がしませんか?

 

んで、アマナと鏡合わせのように潜象の核「カムナ」が同時に在って

綺麗な円形・球体になっているわけです。

 

現象界に生み出される「万物万象」は

その中心核に「三種の神器が三位一体」となったモノを持っているわけです。

 

日本神話…すげぇ!

カタカムナすげぇ!

そして何よりもエジプト文明や各地の古代文明とも

「繋がっている」ことがこの後見えてくるのです。

 

カタカムナの音の示しを元に

エジプトの神や神話に出てくる「名」を見ると

不思議と隠されている意味が見てて来るんです。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村