プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第33首~番外編(?)「 トヨ=重合四相」を考察

今回は「なんとなく」レベルでしか未だに像を掴めていない

カタカムナが示す「四相性」について考察を深めてみようと思う。

 

 

今回は更に乱暴にザーッと話しを進めていくでっ

 

カタカムナ第33首で示されたコトこんな感じ

カムの力からはじまって

更にこうなって

ここから、更に

んで、ここに

 

そんでな、そんでな、「ツクシ トヨワケ」の部分がめっちゃ気になって

今までの理解していた「四相性」と違ったものが見えてきたんや!

●今まで私が理解していた「四相性」

この世界の万物万象が「こういった構造物」なんだろうと解釈。

そんでもってこの四相性の核を内に秘めているんだろうな、と。

 

しかし!

カタカムナの解読の先輩方の解釈を拝見すると

こんな解説があったのです。

※私の気付きメモも足しちゃってる図です(^^;

 

人間の四相性=肉体(有形)×{精神(無形)=潜在意識×顕在意識}

こんか感じなのかと…今までは理解してたんですが

モヤっとするものもあって、もしかしたら!と

急にこの考えがふってきたのです。

我々の生命活動現象の四相性とは

{肉体(感受機関)×意識(思考機関)}×{アマ現象界のアマ×アメ}

 

 

例えば「私」は肉体で閉じた「1つの生命個体」ですが

結局は「空間の一部」なのです。

私の解読・解釈によると「アマ界そのものも1つの生命意識体」なので

私とアマ界は深くカカワリながら一緒に存在しているわけです。

 

カタカムナって「現象界のすべての生成物」を「生き物・生命」って示しているので

人間の脳(右脳と左脳)内に湧く2つの意識とは関係ない部分で

「生命・現象」の四相性の話をしているんだろうなって思ったんですよね。

 

すべては「相似象」なんで

ここから「個」に注目して見ていくと

またそこには「個の四相性」が見えてくるんでしょうね。

 

<更におまけ>

仏教の「四相」も加えて考察すると

現象界に湧き出た「四相性を持つ現象化粒子=ツクシ」は

その時点で既に「生・住・異・滅」の四相進行性構造を持ってるというわけです。

 

 

ちょっと、スッキリした気分です。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

四重奏(字幕版)

四重奏(字幕版)

  • ベイジル・ラドフォード
Amazon