プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第34首~④タニキビコ とは(キビソをヒントに考察)

第34首で頭を抱えた難解部分が「タニキビコ」です。

現代日本語からのイメージがほぼ「ゼロ」でした。

感じもつかめんかったわぁ…

 

 

 

カタカムナ第34首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第34首】

アマツミソラノ アメヒトツハシラ

サドオホヤマト イヤシロチ

タニキビコ アキツノ イヤシロスベ

シマカサネ オホタマルワケ

オホコトオシヲ トワチカ フタヤヒメ

 

カタカムナのウタの示しは

何だかんだ云うても「日本語の音」なので

現代日本語の音から、なんとなくイメージ浮かぶんですが

「タニキビコ」だけは「何のこっちゃ?」でした(^^;

 

◆一音一音の示し

  • タ(分かれ出る、独立発生)
  • ニ(定着、圧着、圧力)
  • キ(気、エネルギー、発生)
  • ビ(根源から出入、最初のフトマリ、ヒ粒子)
  • コ(転がり出入、回転運動、くり返しの動き・働き)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆タニ+キビコとは

最初はてっきり「タニキ」+「ビコ(ヒコ)」で音が纏まるもんだと

勝手に思っていた私です(‘~‘)

ところが、カタカムナ文字の示しを見ると「タニ」+「キビコ」なのです。

(※ここ重要ポイント!)

 

「タニ」=分かれ出て(タ)+定着(二)する⇒「キビコ」

「キビコ」=エネルギーの発生(キ)+回転運動を繰り返すヒ粒子(ヒコ)

 

(‘~‘)何となくわかるような、ぼんやりしているような…

そこで「古語 きびこ」で検索してみたのです。

◆「古語きびそ」をヒントに解読を進める

「きびこ」で検索掛けたら「きびそ」で意味が示されました。

古語の「キビソ」はどんな意味をかというと

”蚕が最初に吐きだす糸”

短く不揃いで人間が生糸をつくる過程ではじかれる「諸糸」なんだそうです。

しかし!

蚕にとってはもの凄く重要な機能を持った糸で

繭の最も外側で外敵や環境から蚕を守る役割を担っているのです。

 

カムから独立的に発生(タ)して定着(二)された

エネルギー発生+回転運動を繰り返すヒ粒子(キのヒコ)

このカムからタニした「キビコ」に「キビソ」のイメージを重ねると…

見えてくるのは「超弦理論」の最初の極微の紐じゃない!?

 

わくわくしながら(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村