プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【トートと私】エメラルド碑板の旅 (41)智恵の道~汝の心に従え(余計なことはするな)

ここの部分は、ちょっとわかりずらいので

私はたぶん半分くらいしかトートの意図を理解できていない(‘~‘)

もしかしたら半分もいってないかも…

 

 

あなたはトートの言葉をどう解釈しますか?

「自分の人生の羅針盤は”己の心にある”」

って意味だろうな…とは思うのですが

 

”命ぜられしより多くをなす勿れ”

これは、どう解釈しますか?

 

トートがいう、我々の命ぜられし事っていうのは

”暗黒から解脱し、光の道を進め”

ってことらしいので、

この大義に専念しろってことですかね?

それ以外のことに野心を持つと「道をそれるぞ」って意味かな。

 

『自分が本来成すべきことに集中しろ』って意味だと今は解釈して先へ

 

次の「汝、富を持たざれば…」に部分、あなたはどう理解しますか?

「富をもたざれば」=「富を持たぬ者」ですよね?

 

私なりの理解(解釈)はこうなりました(^^;

「心飽き」がどんな状態か?

(※私の調べたところによると)

心に何も興味・関心・情熱・目標・目的 意識が湧かない状態

(‘~‘)確かに、この状態なら、富財は無用かもね

 

トートがいう「汝の生涯中、汝の心に従え」の本質は

次の言葉にあるようです。

心と魂…魂が「心に従わない私」を憎悪するってのか!?

ここでの「魂」って「私の」?それとも「もっと大きな存在の」?

 

とにかく、心に従って生きないと魂は憎悪するらしい。

私<心<<魂ってパワーバランスなんすかね(^^;

 

この辺の理解は今後深まると期待して先へ進んでいきます。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村