プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第37首~①カムナガラ アメノクヒサモチ カタカムナ

よ~し、第37首の解読にとりかかるぞ~

水に関わる神様の御名の音の響きが続きます。

 

 

 

カタカムナ第37首を詠む

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第37首】

カムナガラ アメノクヒサモチ カタカムナ

クニノクヒサモチ オキミツゴ

サキカゼシナツヒコ キノククノチ

イヤミソギミチ オホヤマツミ

カヤヌヒメツチ イヤミソギミチ

 

水の神~風・木・野~山の神へ

どんどん日本の神々の名の音の響きが登場します♪

 

◆一音一音の示し

カムナガラ

  • カ(根源の力、ちから)
  • ム(無、6、無限の、広がり、六方環境から)
  • ナ(核、重要なモノ、夥しい、何回も)
  • ガ(※カ に同じ)
  • ラ(場、関わる)

「アメノクヒサモチ」

  • ア(感じる、生命、現象化、はじまり)
  • メ(芽、目、思考、指向、渦の目)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、始元、1つ)
  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • モ(漂う、次々と)

カタカムナ

  • カ(根源の力、ちから)
  • タ(分かれ出る、独立発生)
  • ム(無、無限の、6、広がり、環境から、蒸す)
  • ナ(核、重要なもの、夥しい、何回も)

 

ここから音を連ねて「ことば」にして解読を進めていきます。

 

カムナガラ⇒アメノクヒサモチ=カタカムナ

カム(潜象カム界の根源力=無限の力)が、

ナガラ(何度も場に発生+関わりを繰り返す)

=「現象化の場に発生+関わりを繰り返す」ことで、

 

(※ざっくりいうと⇒カムナガラ=カムのカカワリ)

アメノ(アメに変還したもの)が

自由に引き寄る(ク)「ヒ」のカカワリから

差(現象の干渉)を生み(サ)

正反に発生・重合・変遷を繰り返して(モチ)

根源の力から分かれ出た(カタ)した

カムナ(潜象の核+無限の力と繋がる核)となる。

 

アマナ(現象の核)+カムナ(潜象の核)で「生命・現象の核(中心核)」です。

 

◆アメノクヒサモチ(水の神様)

アメノクヒサモチは「現象の間でのカの変遷の様子」を示していると同時に

そこで発生する「アメノクヒサモチ」なるモノの存在も示しております。

 

カタカムナの示しは

私の推測ですが「ほとんどが」立体構造

どういったことかというと、

  • アマ現象界における「カ」の変遷の様子
  • 場のカカワリにおける「カ」の状態
  • そのカカワリによって発生したモノ

など「1つの音の纏まり=言葉(神の御名など)」が

6つ程の「示し」を成しているようなのです。

私は寄りで見てしまうので、

①変化の様子~状態+②そこに現れた現象物

という2つくらいしか解読できておりませんが…

 

んで「アメノクヒサモチ」も力のカカワリの様子を示すと同時に

「アメノクヒサモチ」なる「モノの存在」を示している。

「アメノクヒサモチ」とは”ミクマリ状のカタカムナ

 

日本神話における 「アメノクヒサモチ」は水の神であり、

”水をくむ器=瓢”を指し、それは火の神を鎮める道具でもあるのです。

 

水を汲む=「ミの力(エネルギー)」を一つの塊にして、意図的な創造に活かす

私の脳内にこんなイメージが湧いてきます。

 

ここで私はやはり「水」は可視化された根源の力を秘めたエネルギーであり

「ミクマリ」とは粘り気ある水のマリの状態のことじゃないか、と思いを強めた。

 

イメージでいうと「ミクマリ状のカタカムナ」ってのは

水まんじゅう状態のエネルギーの塊です。

 

[創味菓庵] ぷるぷる水まんじゅう 大 12個 国産 [包装紙済]

[創味菓庵] ぷるぷる水まんじゅう 大 12個 国産 [包装紙済]

これの「中のあんこ無いバージョン」のイメージです(^^;

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村