プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第39首~②イヤミソギムス カタカムナ

よ~し、ヒノカカヒコ ヒノカクツチに続く

こちらの解読を進めていこう~

 

 

 

カタカムナ第39首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第39首】

カムナガラ ヒノカカヒコ ヒノカクツチ

イヤミソギムス カタカムナ

カナヤマヒコ カナヤマヒメ イヤミソギ

ハニヤス ヒコヒメ ミツハワクムス イヤミソギ

 

では、読み解いていこう。

 

◆一音一音の示し

「イヤミソギムス」

  • イ(伝わるもの、陰、あらゆる生命体を構成する最小単位の粒子)
  • ヤ(飽和する、限界飽和、飽和安定・極限崩壊)
  • ミ(実、身、実体、光、生命力の実質)
  • ソ(外れる、環境それぞれの)
  • ギ(気・エネルギー、発生、潜象の干渉)
  • ム(無・無限の、蒸す、広がり、六方環境から)
  • ス(一方へ進む、透けた)

カタカムナ

  • カ(根源の力)
  • タ(分かれ出る、独立発生)
  • ム(無・無限の、蒸す、広がり、六方環境から)
  • ナ(核、重要なもの、何回も、夥しい)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆イヤ・ミソギ・ムス~カタカムナとは

カタカムナ文字の表記から音を纏めると

「イヤ」「ミソギ」「ムス」~「カタ・カムナ

になっております(^^)

 

「イヤミソギ」は

イがヤへ向かいながらイモするミがソギ(発生)されていく様子

ミソギ=ミの発生~粒子発生(粒子化)を指すようです。

 

第39首のこの部分は前の部分と繋がっているので

カムナガラによって

「ヒノカカヒコ ヒノカクツチ」がイヤミソギ(粒子化・発生)して

”ムス”状態のものが「カタカムナ」だよ~

って云うてるようです。

 

ムス=蒸す(生す)

「生じる」んだけど、その生じ方(状態)は「蒸す」なのです。

 

 

「湯気」が発生するイメージですな。

蒸気は確かに発生して見えるけど

すぐに見えない状態になるでしょ~

これがアマ界に出現した「カタしたカムナ」の状態だってさ。

 

「ワク(湧く・枠)」と「ムス(蒸す・生す)」の

発生イメージの違いが大事なんで

ここはしっかりイメージを掴んでおきましょう☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村