プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代冒険浪漫】カタカムナ 第6首~①ソラニモロケセ(解読)

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

私の中では全80首の中でも異質にみえる「カタカムナ第6首」

枠円を持たない文字が多いのも気になります…行くぞ!

 

 

第5首~第6首はつなげて詠んでいく唄らしい。

第5首の「カタチサキ」の続きとなっています。

 

私が「カタカムナ」の存在を知ったきっかけの本

※こちらは神聖幾何学の立体模型をつくるのにおすすめの1冊です

 

 

カタカムナ第6首を唄う

f:id:mousoumajyo:20211008142220j:plain

では、さっそく声に出して詠みましょう♪

 

カタカムナ第6首】

ラニモロケセ ユエヌオヲ

ハエツキネホン カタカムナ

 

今回も7音・5音のパターンやで~

ただ読むだけで唄っぽくなります。

 

やはり、日本語は「唄」で表現する為に

作られているのかもしれんのぉ~

 

では第1節部分が示す意味を追ってきましょう☆

 

◆「ソラニモロケセ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211008142729j:plain

  • ソ(外れる、それぞれの、環境、変化の前の素)
  • ラ(場、あらわれる)
  • ニ(定着、圧力、現れ)
  • モ(次つぎと、漂う)
  • ロ(空間、抜ける、凝集連合し、連なる、奥からあらわす)
  • ケ(放出する、様々な変化性をもって)
  • セ(瀬、引き受ける、発揮する)

「ヒフミヨイ マワリテメグル ムナヤコト アウノスベシレ カタチサキ」

の後に「ソラニモロケセ」するってことですよね。

 

カタカムナの「カ」からどのように

万物万象が生成・出現されるのか?

第5首の続きの「変化」を読み解いていきましょう☆

 

◆音を繋げる「ソラニ」+「モロケセ」

何んとなく音で詠み、

現代語でイメージしても、

カタカムナ文字の特徴でみても

f:id:mousoumajyo:20211008142729j:plain

「ソラニ」と「モロケセ」と音の塊=言葉ができるのではないでしょうか?

 

【ソラニ】⇒「空に」

一音ずつの意味から見ても、

現代日本語の音でとっても、

「空間=(環境の)場」への出現を示しているようですね~

【モロケセ】⇒「諸けせ」

モロという音から「諸々」をイメージした私です。

でも、一音一音の示しを見ていくと

『(空間に出て)漂い、次々と凝集連合し、多様な変化性を発揮て』

 

というような意味が見えてきますφ(..)メモメモ

 

◆カタチサキ⇒ソラニモロケセ

第5首からつなげて意味を考えてみます。

カタカムナの「カ」潜象の力・創造の根源力が

正反親和の状態で分かれ出て(タ)、持続的に(チ)

分裂発生(サキ)した小さいマリ(粒子)

「カ」から発生した左旋・右旋の潜象の小さな渦からサキした

ヒ・フ・ミ・ヨ・イの小さいマリが

f:id:mousoumajyo:20210919165322j:plain

それぞれその場(空間)にあらわれて

漂い次々と連なり様々な変化性を持って

 

次の「ユエヌオヲ」に繋がっていく。

 

ヒフミヨイ=12345と読み

【Semiotics】でみてきた「数の示し」と照らし合わせても

ピタッとはまります(凄いよね)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村