プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第7首~②アマノミナカヌシ(天之御中主神)その示しは

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

遂に、日本のはじまり(宇宙のはじまり)の神である

『天之御中主様』登場するよ~

カタカムナが示す「アマノミナカヌシ」の音が持つ意味とは!?

 

 

 

◆まずはカタカムナ第7首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211010162523j:plain

声に出して音を響かせましょう☆

 

カタカムナ第7首】

マカタマノ アマノミナカヌシ

タカミムスビ カムミムスビ

ミスマルノタマ

 

造化三神が登場するこちらの唄!

日本の神々が不思議な名をしている理由がわかってくるよ。

漢字が先ではなく、音が先にあって

その一音一音に深い「示し(意味)」が込められているのだ。

だから日本語は面白い!

 

◆「アマノミナカヌシ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211010172024j:plain

  • ア(生命、感じる、現象化)
  • マ(間、空間、真、現象の間、受容、需要)
  • ノ(変還)
  • ミ(実体、光、生命力の実質、現象化の力)
  • ナ(核、重要なもの、何回も)
  • ヌ(突きぬく、貫く、目に見えぬ力・存在)
  • シ(示し、現象、死)

 

アマノミナカヌシの音が「アマノ」+「ミナカヌシ」と

音の連なりをつくっているのは何となく掴めますね~

 

◆「アマノ」+「ミナカヌシ」

音を連ねて「アマノ」と「ミナカヌシ」で意味を解いていきましょう☆

 

●アマノ(天之)

ア(生命、感受、現象化)のマ(間、現象の間、受容)=アマ

アマ=天とは『現象界・万物万象を生む空間』を示し音(ことば)のようです。

「アマがノした」

 

●ミナカヌシ(御中主)

ミ(実体、光、現象化の力)のナ(核)となるカ(チカラ、根源の力)は

ヌ(目には見えない)シ(示し)

ミナカ=御中(中心核)

ヌシ=目には見えない存在

 

◆アマノ ミナカヌシ

(マとカのノした)アマの変換物が「ミナカヌシ」

万物万象を生み、その核となる潜在の力ってことらしい

 

神話の天之御中主と合わせてみると…

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

宇宙の根源神であり、この世界を創った天之御中主神の力が

万物万象を生み、万物万象を創造するときにその核となっているため

万物万象の中(内奥)に内包されている、ということになる。

 

それは潜象の創造根源力であり、潜在の力というわけだ。

なんか凄い!

 

更にこの力や仕組みについて

この後詳しく説かれてるのです。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

新装版 古代文字

新装版 古代文字

Amazon