プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険:カタカムナ】カタカムナ全80首で何が説かれているのか?

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

4首まで解読作業をブログに記録したところで

最初に「ここ」に触れておかねば!と思ったので

全80首で何が語られているかを超ザックリ紹介しときます~

 

 

カタカムナ「神秘の力を発する文字」ではありません。

ここをはず最初にいっとかないとね。

変なカタカムナデザインの神秘商品買わないでね~

カタカムナは「古代物理の書」です。

宇宙空間・万物万象がどのように発生するかが全80首通して説かれています。

 

最初に全体を説明し、徐々に詳細な解説に入るスタイルのようです。

 

日本語の概念がきっと変わるし、

日本語の音と音が重なり言葉をつくっていく

そこにある壮大な仕掛け・仕組みにきっと感動しますよ!

 

では、ざっくりとカタカムナ全80首の全体の内容を紹介します。

f:id:mousoumajyo:20210912170312j:plain

とは

f:id:mousoumajyo:20210917161523j:plain

「カ」=ヤタノカガミの”カ”・創造の根源力=潜象の力

「ミ」=フトタマノミの”ミ”・万物万象を形創る=現象化の力

 

カタカムナとは「カ」と「ミ」の根源「ヒ」

(生成される最初の超極微粒子「ヒ」)

この対向発生・重合による「ヒ」から

発生する様々なヒビキ(振動)によって

宇宙の万物万象が発現する、

その詳しい仕組みを80首に渡る唄で述べています。

(たぶん、唄・音声で残すことで伝承しやすくしたんじゃないかな)

 

巨石に文字を彫って永年にわたり残していく手法ではなく

「唄」にして歌い継いでいくという発想…天才か!!

侵入者に破壊されることも、奪われることもないし

災害・天災が起きても守っていける(;;)天才か!

 

ということなので「日本の超古代文明の叡智」として

その知識に触れるつもりで唄を詠み説いていく

この謎解きが楽しいしロマンなのです。

 

なんで「海」を「ウミ」と呼ぶようになたのか?

なぜ「天」を「アマ」と呼ぶのか?

日本語の音がモノを示す法則性に脱帽するぜ~

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村