プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女とルマン⑥】チェッカーフラッグ~「勝たなければ意味がない」byロッテラー

チェッカーフラッグ:勝利の印

カッコいい!!!

なんだこれ、ポルシェチームもアウディチームもみんなカッコいいっ

レべリオンのおじさんがいつも笑顔でレース楽しんでるのが印象的。

 

 

遂にルマン2015のドキュメントも最終回になりました。

24時間耐久レースだけあって後半はどんどんマシントラブルが

増えていきます。

 

「最後の最後までなにがあるかわからない」

その言葉の意味が理解できた。

 

 

 

車にも運転にもまったく興味がなかった私。

そんな私が夢中になって観ていたルマン2015のドキュメント!

自動車業界の技術力とレースドライバーの運転技能力に驚きっぱなしです。

 

「人間の能力の最高峰や最先端の部分は

チャンスがあればどんどん見たり触れた方がいい」

 

と痛烈に思うようになった。

地理軸(世界)と時間軸(歴史)で

見聞を広めていこうと思います、今後もどんどんね。

 

 

レース開始から16時間後~上位争いに異変

快調にとばすポルシェ19号の勢いは衰えない。

 

  1. ポルシェ19号
  2. アウディ7号
  3. アウディ9号
  4. ポルシェ17号

 

この4台によるトップ争いが続いてた。

そしてレース開始から15時間53分、

アウディ7号にアクシデント発生!

 

ボディに大きな破損がっ

ポットインするも思ったより破損部の修理に時間がかかる。

3分のロスは1周の差につながる。

 

耐久レースでの疲労故障とみられるこの復旧作業を終え

アウディ7号がコースに戻ったのは7分後だった・・・。

 

ロッテラーは語る

中のケーブルも切れていたり

大変な修繕作業だったと。

後はもう勝つためにひたすらに走るしかないと。

 

そして彼はコース復帰後

1周3分17秒~18秒というコースレコードを叩きだす(^^)

 

レース開始から19時間後~ポルシェvsアウディ

 

1/64 Porsche 919 Hybrid No.19 LMP1 Winner Le Mans 2015 N. Hulkenberg - E. Bamber - N. Tandy

1/64 Porsche 919 Hybrid No.19 LMP1 Winner Le Mans 2015 N. Hulkenberg - E. Bamber - N. Tandy

 

ポルシェ19号は依然トップで快調な走りを見せる。

 

そのポルシェ19号を追うのはポルシェ17号!

2015 Porsche 919 Hybrid, LMP1 LeMans, Bernhard/Webber/Hartley [並行輸入品]

[asin:B07454X5CZ:title]

 

上位1&2はポルシェという展開になっていた。

 

19号は「経験を積むため」と参加していた新人ドライバーチームで

17号はF1のマーク・ウェーバーを含むベテランドライバーチームだった。

 

この時のトップ争い状況

  1. ポルシェ19号
  2. ポルシェ17号
  3. アウディ9号
  4. アウディ7号

 

ちなみにこの時

日産23号、22号ともにピット内で修理中(;;)

日産のエンジニアチームはほぼ夜通し修理作業をしていた。

 

レース22時間後~牙をむくルマンの魔物!

レース開始から22時間後

アウディ7号は3位にまで上がってきていた。

それでも快調なポルシェ19号の尾を掴むことができない(><)

 

トヨタブエミ8位を走っている。

彼の走りを見つめる元レーサーの祖父はただじっと見守っていた。

 

ヤンの乗る日産23号はやっと修理を終え

44位でコースに戻るが

コースに戻ってすぐにカーブを直進しコースアウトで

マシンが停止&沈黙・・・

ヤンはなんとか自力でコースに戻ろうとするも

マシンから炎があがる。

 

ラスト1時間というタイミングで日産23号はリタイアとなった。

 

本当にルマンは完走することがまず大変なことなのだ。

24時間耐久走行に耐えるマシンへの負担は相当なもの(;;)

3人交代制とはいえドライバーも1度そのシートに座れば4~6時間は

同じ姿勢で走り続けなければならない、筋肉も硬くなるし

血の巡りだって悪くなる、肉体・精神共に疲労が襲う。

 

勝利のチェッカーフラッグ

ラスト1周の声がかかる。

ルマンの勝敗が決まる瞬間がやってくる。

 

ポルシェ19号は追ってくるアウディに2週以上の差をつけていた。

そして19号のドライバーは17号のドライバーに提案する。

「伝統にのっとり 共にゴールしよう」と。

 

17号のドライバーは「それは危険だ、万が一負けたら・・」といったが

19号はもう勝利を確信していた。

 

そしてポルシェが1.2フィニッシュを飾り

ルマン2015の勝者となった(^^)胸アツっ

 

優勝 ポルシェ19号

2位 ポルシェ17号

3位 アウディ7号

8位 トヨタブエミ

18位 レべリオン13号

23位 レべリオン12号

日産22号は最下位ながら24時間完走を果たした。

 

 

トップのポルシェ19号と最下位の日産22号は153週差だった。

コース1周が13.626kmなので約2,085kmの差がついたことになる。

 

「ルマンは勝たなければ意味がない」byロッテラー

ゴール後のインタビューから

その後のドライバーやチームの様子も見ることができた。

 

マーク・ウェーバーは2016のルマンに還ってきたがリベンジできず

2016の12月引退を決めた。

 

2016年のルマンではブエミの乗るトヨタがラスト1周までトップを走っていたが

最後1周でマシントラブルにより停止となった。

 

日産はLMP1 プログラム終了を決め

ヤンは全日本F3選手権で活躍している。

 

そして私が「マジかよ!」と思ったのは

ポルシェが!!!

ドライバーにアウディスタードライバーだった

ロッテラーを招集したのだ(@。@;)

 

この後ロッテラーはポルシェから

最近ではレべリオンのドライバーとなり

ルマンでレべリオン号で3位、4位の成績を上げている。

 

「負けの中から勝利を学ぶ」ブエミ&祖父

このドキュメントでブエミを知り

その後ルマン2018と2019の活躍を知ってほしい。

 

ルマン2015で

ブエミも祖父も「マシンの速さが足りない」のはわかっていた。

でも24時間という過酷な耐久レースには

速さだけではない闘い方があることも二人はわかっていた。

 

「負けの中から勝利を学ぶ」ことが

2018、2019のトヨタのルマン優勝に結びついている。

 

 

トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日

トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日

 

 

 

 

 

 

2015にラップレコードを出したロッテラーも言っている。

マシンの100%の力を出さないと最高速度は出せない。

でも101%まで踏み込んでしまうとマシントラブルや事故を引き起こす。

 

100%を出さねば優勝できないが

101%を出してしまうと24時間に耐えられないのだ。

 

興味のなかったことも知ることで世界が広がる

全然車に興味なかった。

運転なんてもっと興味なかった。

だから今までまったく何もしらなかったカーレースの世界ですが

そこには今の最先端の技術力と人の技能が集結していた。

 

人間が本気で1つの分野や技能を突き詰めていくと

「ここまでできる」と教えてもらったドキュメントとの出会いでした。

 

ホントに面白いので

超おすすめです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村