プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

ドラマ「ロア~奇妙な都市伝説」第二話:恐怖の手術ロボトミー 実際に1960年代まで行われていた精神外科手術

f:id:mousoumajyo:20190117155828j:plain

嘘だろ! 私でもわかるほど危険な手術

Amazonが「ロア」をすすめてくるので見始めたプロ独女みつまるです。
セリフではなくナレーションも多いのでまた違った形の

ヒアリング学習になっております。

 

 

そんなことよりも、

この「ロア」シリーズって・・・実話を元にした再現ドラマなんですな。

驚き!!!

 

もちろん過去にあった実際の事件やニュースなので

当事者しかわからない部分は製作者の想像がプラスされてるけども。

 

第一話はドラキュラの物語のアイディア元になった

事件だったのですがさほど怖さはなかったです。

むしろ疫病や伝染病の原因が「悪魔のしわざ」という

思想の種をまいた人たちの方が怖いぜ!

 

そんな第一話よりも圧倒的な恐怖を味わえるのが

第二話です。

 

ロア?奇妙な伝説? シーズン1 予告編 (字幕版)

 

 

 

 

 

 

 

恐怖の精神外科手術ロボトミー

 

恐怖の手術

これわかりますか?

これが第二話で紹介された

過去に全世界で行われていた精神外科手術の術法なのです。

 

精神病患者、精神病施設の過去の実態がものすごく劣悪です。

治療は暴力や人体実験に近いし

病院は有料で見学を受け付けていたので見世物小屋と化していました。

 

そんな中で「精神病患者の環境を改善したい」という思いを抱く

医師にフリーマンにより編み出された精神外科手術が「ロボトミー」です。

 

この前身となる「ロイコトミー」という

頭蓋骨に穴をあけロアの説明では

右脳と左脳を繋ぐ神経を切断しておりました・・・。

 

怖すぎ!!!!

 

ただ頭蓋骨に穴開ける大掛かりな手術なんで

10年で200件しか症例がとられずいた。

 

そこで目の横からアイスピックを差し込んで

前頭葉に直接ぶっさしてアイスピックを動かして

脳をかき混ぜ神経接続を断つという術式が完成した。

 

これが「ロボトミー手術」です。

 

怖すぎ!!!

 

脳を破壊していますので

「おとなしく」なるわけです。

これでいいわけないだろうって

医師でもない私でも思うわ!

 

ですがこの手術は大々的にニュースに取り上げられ

広まっていきます。

 

40年間で3,439件もこのロボトミー手術は行われたのです。

 

 

脳外科医資格もない神経学博士が行っていたという恐怖

 

麻酔も打てないので

なんと彼は電気ショックによる全身麻酔

この手術を診察室で行っていたのです。

 

恐怖で震える!!!!

 

神経学の博士号はとっていますが

外科医資格はないのです。

 

恐怖で震える!!!!

 

彼の手術を受けた15%は死亡しています。

またこの手術を受けた後に感情を失い「ロボット」のようになるから

ロボトミー」といわれているそうだよ。

 

治療じゃなくて脳の破壊やないやないか!!!!!

 

 

マスコミにより拡散される情報はいつもサイドAだけさ

 

この手術がどうして大々的に賞賛され広まったのか?

大いに疑問ですが

とにかく装備や設備がいらず最小限で済み

手術の助手もほとんどいらない

麻酔も打たないのでとにかく「簡単」だったのです。

 

精神病患者の増加と世話に

家族も医療現場もケアする側の人員不足状態。

そして精神病治療に未だ画期的な治療方法がなかったせいでしょう。

 

新聞や雑誌によりこのロボトミー手術は広まっていったのです。

そして賞賛されていたのです。

 

危険性も充分予測できるだろう!!

 

と思うのですが

やはり経済というのは化け物・魔物が棲んでいるのです。

マスメディアが流す情報はいつも「サイドA」なわけです。

 

しかも多くの人に「これは素晴らしい手術だよ」と

浸透することでそれがあたかも真実であるように思うようになってしまう罠。

 

気をつけましょう・・・。

医師たちや新聞記者の頭脳をもってしても

こういった判断なのです。

 

 

真実は自分で確かめ判断しよう!

 

医師がいってるんだから間違いない。

新聞で報道されてるんだから間違いない。

世界中で行われているから間違いない。

 

そんな風に判断の理由を本質ではなく

周囲の評判だけできめたらアカーーーーン!!

 

たぶん中学生の頃の私でも

「こんな手術受けたら脳が破壊されるわ!」

「ってかその前に失明するんちゃうか?!」

って思うわけです。

 

『脳を金属の棒ぶっさしてかき回していいのか?』

『脳を壊しておとなしくなるのは治療成功なのか?』

自分の頭で考えないとね。

 

今現在もたぶんこういったとんでも情報が多数流れているはず。

流れてくる情報は確認してから信用するか決めましょう。

 

割となんでも信じちゃう奴だった私ですが

それがいかに危険なことか痛いほど教えられる

ドラマ「ロア」第2話でした。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

精神を切る手術――脳に分け入る科学の歴史

精神を切る手術――脳に分け入る科学の歴史

 

 

ぼくの脳を返して~ロボトミー手術に翻弄されたある少年の物語~

ぼくの脳を返して~ロボトミー手術に翻弄されたある少年の物語~

 
ロボトミスト 3400回ロボトミー手術を行った医師の栄光と失墜

ロボトミスト 3400回ロボトミー手術を行った医師の栄光と失墜