プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】ロンドン・バーニング~感想・冒頭と最後がエグイ! 権力と金と表を操る裏社会の実話

ロンドン・バーニング(字幕版)

これが「実話をもとにした映画」だって!?

”ネット全体におけるダークウェブの割合は95%”という話と現実がリンクするぜ~

 

 

冒頭とラストが繋がるとエグイです。

 

 

◆映画 ロンドン・バーニング~あらすじ

2012年のロンドンオリンピック開催に向け

その裏で何が起きていたのか?

 

2002年 ロンドンオリンピック開催に向け誘致活動がはじまる

成りあがりの不動産王カレンは裏で繋がる当局幹部から

オリンピック施設・開発の為に買い上げられる土地の情報を得て

土地の取得に動き始めていた。

 

そんな中、カレンは計画地に作業場を持つ男を言葉巧みに誘い

売買契約書にサインを書かせると急ぎ立ち去る。

そこへ、幼い兄弟(リアムとショーン)が遊びから戻ってくる。

彼らが目にしたのは 変わり果てた父の姿だった…

 

2005年 ロンドンオリンピック開催が決定

2012年 ロンドンオリンピックが盛大に執り行われた

 

その後、オリンピック関連施設の跡地の再開発計画が進められ

新たな利権を生み、不動産王カレンは更に金と力を得る。

 

大人になったリアムは強盗の罪で服役していたが出所し

真っ先に妻と息子に会いに行きますが、門前払い。

弟のショーンはカレンの裏組織での闇仕事に従事。

 

更なる権力と金を求めるカレン、

そんな彼の闇の手が再びリアムとショーンに伸びてきて

兄弟を飛んでもない地獄へ陥れようとしていた。。

 

※以下、ネタバレ有の感想となります

 

◆”実話に基づく物語”

冒頭 ”実話に基づく物語”というテロップが映される。

この冒頭の短い一文によって

この映画に描かれている

権力と金に群がる闇に堕ちた人々、

彼らが政治や国家権力の高い地位に坐す者たちであること、

それによりあらゆる行政組織が収賄汚職で腐敗していること、

オリンピックが利権と金儲けの為に利用されてること

などが映画の中の物語ではなく、「現実に起きていること」だと印象づけられる。

 

冒頭の「実話に基づく…」から始まって

ラストに向けて

どんどん社会の裏が暴かれていき

その腐敗度は もはや「絶望」の域。

 

ネット社会、ウェブ内の世界ってのは

現実社会・現実世界と鏡写しだとすると

我われが見ることができる表層ウェブとダークウェブの割合が

「5:95」という話の怖さに震えてくる。。

この世界・社会の95%は闇の支配下

その闇が「残り5%」の表を動かしているとか…嫌だけどリアルに感じてしまう。

 

◆権力と金が支配する社会が更なる闇を生んでいく

 

市長や政治家、警察上層部と繋がる実業家+闇組織のボスであるカレンは

金の為に法も人の命も平気で踏みにじっていく。

何をしても捕まらないから無双状態。

 

そんなカレンもまた「権力と金が支配する社会」が生んだ闇の子なのです。

孤児+貧困で子供のころから苦労人あるため、

金への執着+何をしても成り上がる信念は半端ないのです。

 

カレンのような人物が成功者になり

更に社会秩序や正義がどんどん失われていき

権力と金の支配が強まっていく闇のループが一番怖い点かもしれません。

 

◆ラストのエグサが冒頭一文と繋がり際立つ!

冒頭の「実話に基づく物語」ってのが

ラストにとんでもない破壊力で襲ってきます。

 

マジで映画観ながら

”何や、この終わり方は!”

って声にでちゃったよ(--;)

 

本当の権力側の悪はノーダメージ!

これもまた「実話=現実」なんでしょうね。

本当に状況をコントロールしている権力の座にいる悪党ってのは

金で動く倫理なき悪者を上手く手駒にして使い捨てるわけです。

 

カレンのような

成りあがりの金持ち、成功者、実業家ではなく

本当に怖い(汚い)のは……、、、だね。

 

ただ、リアルな話

リアムの「家族」最優先の選択は間違いじゃない気がします。

悪を討つよりも「家族の安全、家族との生活」が大事、

だってスーパーヒーローじゃないもん。

 

スカッとはしないけど、見ておいて良かった感ある映画です。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村