プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBA映画部】不安の種~感想・考察:富沼市とオチョナンさんは日本各地に「ありそう」な話

不安の種

何かが狂っている街「富沼市」で起きる

数々の怪異現象…それらがだんだんとねじれた時間の中で繋がっていく。

 

 

個人的に須田健太君のベッドシーン(?)に驚いた作品

なぜ、彼だけ豪快に乳首を出していたのか??

 

不安の種

不安の種

  • メディア: Prime Video
 

 

 原作は漫画

 

では、さっそく映画感想日記へ

 

 

映画「不安の種」あらすじ

何かが狂った街「富沼市」

この街で起こる怪異現象を

  • この街に戸建を買い越してきた4人家族
  • バイク便の心優しき青年「巧」
  • 大学生でバイク乗りの「誠二」
  • 怪しい美人女子大生「陽子」

彼らの視点から見ていくことに。

 

富沼市の道路に湧く「這う目玉」

そのハウ目玉を歩道橋の上から見つめる人

富沼市に引っ越してきた鹿野一家を襲った悲劇

 

バイク便の巧が配達の途中に声をかけられ助けた誠二

生垣にささった状態の誠二を引っ張り出した匠は悲鳴を上げる…

その姿は、「生きてる人間、生きていられる人間」の状態ではなかったのだ。

 

そして、巧と誠二を遠くから見つめる

何やらワケありの美女・陽子

 

誠二を助けた時のショックからバイク便をやめ

レストランでバイトをはじめた巧み

そこで彼は店の奥の角の席に座る男性の姿を見つける。

見せのスタッフは男性客の存在に気づいていないようで

巧はお冷のコップを持ち彼の席に向かう…が先輩スタップの陽子に止められる。

 

「あれが見えるの?」

「関わっちゃダメ」

そう言われ一度は無視するも

どうしても気になって巧は男性客にお冷を運び

彼に声をかけてしまう。

 

その日から巧は、この男性霊に付きまとわれるようになる。

巧は恐怖から外に出られなくなり

「この街は変だ、この街は狂ってる」と、つぶやくきながら

だんだんと心を病んでいく…そこに陽子がやってくる。

 

そして、徐々に

陽子と巧、陽子と誠二の関係から

だんだんとこの街で観てきた怪異現象に

1つの繋がりが見えてくる。

 

散りばめられた日常に潜む恐怖と時間のねじれ

散りばめらた日常の恐怖が

時間のねじれの鍵になっているように見える。

 

①引っ越してきた4人家族が歌う「地方の童謡」みたいな曲

この歌が非常に不気味なのだ。

この不気味な歌詞を不気味な曲調で歌う家族の笑顔が

更に不気味さを増し「恐怖」を煽る…

この歌こそ

日本各地の「村社会×独特な信仰」の不気味さを比喩しているのかも。

この歌がオチョナサンを引き寄せたのではないだろうか?

 

②段差で転倒し流血する父

新しい家に引っ越してきた鹿野一家。

引っ越し業者が「トラ馬運送」なのも怖いが

私が思う「時空のねじれ」発生ポイントがここ!

 

“段差で転倒し怪我をする”という

日常に潜む一瞬「頭が真っ白」になるシーンで

カメラが天地逆になるのだ。

これは「逆の世界=オチョナンさん達の異形の者の世界」に

時空がスイッチしたことを表しているのでは?

 

③突如道をふさぎ、目の前に立ちはだかる「フランス語の壁」

大学生でバイク乗りの誠二が

富沼市をバイクで走っていると

突然道がふさがれ、ブロックの壁が現れる。

 

その壁には「フランス語」と書かれた看板がポツンと貼ってある。

まさに大学生が第二外国語でぶつかる壁ではなかろうか?

 

④誠二の家の扉に貼られる謎のシール

誠二がひとり暮らしをするアパートの扉に

謎のシールが貼られてる。

こういった不気味なマーキング、

シールや落書きは日本中で見らる恐怖である。

 

しかも、誠二の家に貼られているシールは

「必ず死ぬシール」なのだ。

このオチョナンさんの顔マーク風シールの「死」から

誠二が3度も助かるのは偶然ではないだろう…

 

⑤暗闇、突然の停電の恐怖

時空が大きく跳ぶポイントは停電である。

停電の暗闇の中で懐中電灯の小さな光が

まったく別の時空間にある2つの家族をつないでしまったようだ。

 

他にもまだあるので探すべし!

他にもまだまだ日常の恐怖ポイントたくさんあったよ。

真夜中に目覚めてトイレに行く時の恐怖や

少しだけ開いた隙間から覗く押入れの闇とか

 

個人的には陽子の「掃きだめ壺」が超怖かった!!!

 

BBAの考察:腕のない女

巧がゴミ捨て場で見つけたマネキンの腕

その腕を「返せよ~」と言って殴りかかってくる異形の女

 

これ、鹿野一家の消えた母親じゃない?!

斬られた腕が右腕だし、異形の女とピッタリ合うわぁ

 

あの時空で消えると

こっちの時空に異形の者としてやってくるのかな??

 

BBAの考察:誠二とオチョナンさん

私は最初の「何かが狂った街、富沼市」という部分で

大きな勘違いをしていたのかもしれない…

 

10年後に陽子と夫婦になり息子もいる家族となった誠二の父が

孫に会いに夫妻の家にやってきていて

「オチョナンさんの話」をはじめるのだ。

 

「悪いオチョナンさんには気をつけろ」と語るが

そもそもは「いいオチョナンさん」が通常で

子供達を守る土地の神のような存在らしい…

 

やはり「誠二」がいいオチョナンさんに守られて

悪いオチョナンさんからの執拗な「死の呪い」から

3度も逃れてきたんじゃないかと思うんですよね…

 

だって、みんな「誠二の身代わりになって死んでる」んですもの…

 

BBAの考察:本当の恐怖は無限の悪夢ループ

不安の種、「わからない」から生まれる不安が大きな恐怖に育っていく。

未知の者、異形の者への「わからない」からこその恐怖。

そこに自分の死を予感すればなおさら…

 

でも、それ以上の恐怖は

この映画が人間の最大の恐怖「自己の死」の先に

「永遠に続く悪夢のループ」を用意していたこと!

 

やめろ~!

 

自分が死んでから飛ぶべき世界も今からイメージしておかないと

別の魔物たちの世界にのみ込まれちゃうかもしれないよっ

 

と、いうことで

妄想特異なBBAは今日から天国をイメージして

眠りにつこうと思います。

ディズニー以上に夢の国を描いてやるわ!

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

不安の種* 1 (チャンピオンREDコミックス)
 

 

 

不安の種* 2 (チャンピオンREDコミックス)