プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】パスワード:家(h0us3)~感想:リアルな恐怖かも…テクノロジーが人間を襲う

パスワード:家 (h0us3)

大学時代の情報処理グループメンバーの食事会での会話が思わぬ方向に

とんでもない情報にアクセスし極秘のアプリをゲットしたら

恐ろしいことが…

 

 

割とリアルに今起きている危機を突いているように思える話です。

その意味ではめっちゃ怖い…

国や世界のトップレベルでは既にこの状態に入っている気が…

私もしていたので興味深く見ることができました。

 

情報技術の知識と経験があれば

もっとドキドキワクワクできるかも?

パスワード:家 (h0us3)

パスワード:家 (h0us3)

  • メディア: Prime Video
 

 

国家間の攻防が無いとしても、

トップレベルの情報が自国民にも極秘にされる理由がよくわかる…

 

 

映画「パスワード:家 h0us3」あらすじ

大学時代の情報処理グループメンバーが

それぞれの恋人やパートナーを交えて

久しぶりに集まった週末の山小屋別荘での食事会

 

夕食中の楽しい会話中に

メンバーのひとり、グループのリーダー的存在のラファが

驚くべき話をみんなに語りだした。

 

もともとかなりの情報技術力を持つラファは

普段から自宅周辺のwi-fi侵入・パスワード破りのプロ(?)

Googleで検索できないページ…ディープネットの情報にも通じている

 

そんな彼が最近

「今インターネットで最も秘密とされるファイルを開くことに成功した」

と話しだした。

 

ファイルの中にあった拡張現実アプリを入れたスマホ

驚くべき映像をみんなに見せる。

 

アプリを起動したスマホライブカメラ

この日みんなが集まった小屋の中やテーブルを囲む皆を映すと

目の前の現実とカメラの映像に違いが発生することに気が付くメンバー

 

なんと、このアプリによりスマホは30秒未来の世界を映しだすのだ!

しかもこのアプリを複製したところ

2台目のスマホは1分先の未来を映すが

3代目でダメになることもラファは発見していた。

「1分30秒の壁」

 

アキレスと亀、連続制限のパラドクス…

好奇心旺盛なプログラマー:モニカが

アプリの構造を読み解き

変数部分を換えてカメラが映す時間を

大幅に動かすことができるようになった。

 

この未来は本当なのか?

確認する為にラファの指示でモニカが時間を過去が覗けるように動かす。

そこで3時間前のこの小屋の映像を映し出すと

確かに過去の現実がスマホ画面に…

 

はじめは「未来が覗ける」ことを

面白がったり、金儲けできると好奇心に胸躍らされていたメンバーだが

12日後の悲惨な映像を目にしたことで「恐怖」が彼らを襲うように…

 

12日後の映像

パスワード:家 (h0us3)

この小屋は跡形もなく消え

この辺一帯が一面炎に包まれ

何もかもがなくなっていた。

 

ラファはみんなの頭脳を集結して

「これからのことを考えたい」と話したのだが

彼らの想像をはるかに超えた内容にメンバーはパニックに

 

実はラファはこのアプリ以外にも

空けた極秘ファイルの中にある動画を目にしていたのだ。

そこにはテクノロジーが人間を支配している様子が…

 

3~5個の質問だけでパスワードを当てるラファ

この情報技術に精通したメンバーのパスワードも

ラファと相棒のダビッドの手にかかれば

3~5つの質問をしただけで簡単に言い当ててしまう。

 

人が設定するパスワードにも法則性があり

解読はそんなに難しくないのだ。

 

人がどんなに秘密にしようと鍵をかけても

法則性がある以上

AIや量子コンピューターが高速計算で

鍵を開けていく時代に来ているとも語る。

 

地球に危機をもたらすファイルの中にあったモノ

350Gのそのファイルは

AES-256で暗号化、

ファイル名は「インシュランスファイル」

ダウンロードできるけど開けられない

◆拡張現実のファイルを見つける

これが30秒未来を観ることができるアプリデータの元

  • 複生すると3代目でダメになる(1分30秒の壁)
  • 31秒から減らせるが増やすことはできない

これをモニカがコードで覗き

変数「11111」部分を換えることで

時間を動かすことに成功!

◆ラファが言葉を失った映像ファイル

最後の最後にダビッドに迫られラファが告白した。

そこで現実拡張ファイル以外にも見つけたモノのことを。

 

その映像にはテクノロジーに支配された人間の姿が…

  • 耳に直接スマホを埋め込まれた人間たちの実験映像
  • ノロボットが人の組織を修復している映像
  • 機械につながれた人間の脳
  • 半機械化した人間の姿

などなど

ラファは「テクノロジーが襲ってくる」と皆に忠告。

 

テクノロジーが襲ってくる:既に始まっている

テクノロジーと人の関わり

  • 第一段階でテクノロジーは「私」の情報を集める
  • 第二段階でテクノロジーは集めた情報から「私」を理解し始める
  • 第三段階でテクノロジーは「私」に情報を与え始める
  • 第四段階でテクノロジーは「私」に変わろうとする

つまり第4段階でテクノロジーは「私」を乗っ取り、

成り替り、私を消そうとするらしい…

 

これが人間が作り出し、学習させ、鍛え上げた技術が出した答えなのだ。

こわっ「倫理観ないんか!?」

もしかしたら…最高レベルのテクノロジーに関わっている人達

それを使っている人達に「倫理観がないのか!?」

 

何よりも今一番知っておくべきことは

既にこの技術を使っている奴ら(国家、組織)がいるということ。

 

だから、ラファは

「腕を組んで傍観している場合ではない、行動しないと」

と、みんなに一緒に考えようというんだけど…

 

群れは恐怖の前にパニックになり滅する

事態を正確にわかっている人が数名で

他の人にとっては「理解しがたい情報」は

ただただ不安と恐怖でしかないく

結果、集団パニックに陥り

思考は停止、機能も停止、崩壊して滅する。

 

その状態を避けようと

ラファとダビッドが出した答えは…

 

これが「政治」ってやつかぁ

組織を治めるってこういうことかぁ

と何とも言い難い感情に襲われたBBAです。

 

行き過ぎたテクノロジーと距離をとれば

けっこう簡単に言い答え出そうだけど…

いつでもスマホを手離せる

いつでもネットを手離せる

そういった準備ができている人が実は生き残るのかも。

 

進化の最終形態:滅びに人間が入ったってことなのかしら?

でもテクノロジーに殺されるなんて…嫌やっ

 

BBAもジタバタしてみようと思います。

スマホ買い替え時に嫌な内容の映画観ちまったぜ~

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村