プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【糖分の摂り過ぎは歯と肝と頭に悪い⑦】食品業界:味の開発の鍵「至福点」で中毒性を追求

f:id:mousoumajyo:20200807162818j:plain

中毒性を追求するスタイル…食品業界に限らず「利益追求社会」では全体がこの流れ…

今回は食品業界の味開発の鍵「至福点」について見ていこうと思います。

ステルス糖分食品も蔓延してますし、

糖の魔力が一番狙っているのは子供達ですからね。

 

 

何度も言っていますが「糖・糖分・糖質」そのものは

善でも悪でもありません。

糖分摂取も私たちが生きるのに必要です。

 

しかし、現在はステルス糖分の加工食品が

私たちの身の回りには溢れていますので

かなり気をつけないと「糖分の摂り過ぎ」になってしまう…

詳しくはこちらのドキュメンタリー映画をどうぞ

 

あまくない砂糖の話(字幕版)

あまくない砂糖の話(字幕版)

  • 発売日: 2016/10/20
  • メディア: Prime Video
 

 

ということで

今回は食品業界の味開発のヒミツに迫っていこうと思います。

 

 

食品業界:企業は金儲けにしか興味が無いのか?

【糖分の摂り過ぎは歯と肝と頭に悪い⑥】では

ペプシとコーラが激戦をくりひろげた

ケンタッキー州の子供達の歯の問題を見てきました。

 

激戦に勝利したペプシの「マウンテンデユー」

マウンテンデュー 350ml缶24本×2箱 合計48本セット サントリー

1.25リットルのペットボトルで

砂糖スプーン37杯分の糖分+カフェインは同じ量のコーラの4倍

という商品!

 

これが子供たちの心を掴んだ。

1日10本も飲む子もいる…

その結果、子供たちの歯はボロボロに。

この問題を追った歯科医の言葉として

「企業は金儲けしか関心が無い」と紹介しました。

消費者の健康<金儲け(ギリギリ倫理観有で罪悪感と危機感有)

なのか

消費者の健康を犠牲にして金儲けに走っているのか?

 

 

今回はこの食品加工業界の「企業の倫理観」を深堀り。

 

ピューリッツァ賞受賞者で

大企業の製品が持つ中毒性を追求する人物

マイケル・モスのインタビューから紐解いていきましょう。

 

参考文献

 

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

 

 

 

 

食品業界の味の開発の鍵「至福点」

マイケル・モスは加工食品業界の重鎮のインタビューに成功し

企業の味の開発のヒミツを教えてくれた。

 

 

 

 

インタビューに答えたハワード・モスコウィッツは

「ドクター・ペッパーの味の開発方法」を詳しく聞かせてくれた。

ドクターペッパー 500ml PET×3本

◆ドクター・ペッパーの味の開発方法

①まず、甘味料のレベルを61段階に分け

 全米3,000人を対象として試飲テストを行う

②そのデータを元に使用する甘味料の量の最適値を割り出す

③こうしてできた商品は飛ぶように売れる!

 

この「使用する甘味料の量に最適値」こそ

業界用語で「至福点」と呼ばれるものなのです。

 

◆至福点の発見は1970年代

コモウィッツは1970年代に

“砂糖の量を増やす程、販売数も伸びる”ことを発見!

そうして砂糖を多く含んだ商品が製造されるようになった。

しかし、ある一定量を超えると商品の人気は落ちたのだ

 

この商品を人気のピークに導く「ある一定量」こそ

f:id:mousoumajyo:20200812154404j:plain

 

現在では炭酸飲料に限らず、

パスタソースやシリアルなどあらゆる食料品に「至福点」応用されている。

コモウィッツ氏は断言してインタビューを締めくくっていた…

 

企業の至福点追求と子供達の甘味中毒

マイケル・モス氏はこの食品業界の動向を注視する。

f:id:mousoumajyo:20200812154958j:plain

 

子供達は知らぬ間に「中毒性のある食品」に侵食されていってしまう。

だた「甘くて美味しい食べ物」と思って食べているその食品は

企業が研究を重ねて開発した「中毒性のある食品」なのだ…

 

子供の頃は苦味や酸味を嫌うので「甘味」を好む傾向はあるけど

至福点を追求した食品ばかりに慣れ育ってしまうと

“子供たちが食べ物に対して求めるモノが甘味だけになる”

この心配は既に現実のものとなっており

子供達の野菜嫌いは加速し、野菜を食べなくなってしまうのだ。

多すぎる糖分に慣れ過ぎているため

野菜の苦みや酸味がより際立って感じてしまうのだ(><)

 

子供の野菜嫌いって

「まー子供だから」では見逃せないレベルに来ているのかも。

大人になっても野菜を食べないままという人も多くなるでしょう。

 

これって、でも個人の意識の問題?

自己責任?親の注意不足?

それとも…企業の罠?

 

この「責任」問題について次回は深掘りして見ていこうと思います。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村