プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【糖分の摂り過ぎは歯と肝と頭に悪い⑨】砂糖・糖分・甘いモノが人に愛される理由

f:id:mousoumajyo:20200807162818j:plain

砂糖の中毒性については以前触れましたが

今回は単純に「どうしてこんなにも砂糖は人々に愛されるのか?」

って部分を見ていきたいと思います。

 

 

スイーツを食べた時のあの「至福のひと時感」は何なのか?

 

どうして世の中みんな

スイーツ、フルーツ、甘いドリンクを好み

口にすると幸せな気持ちになっちゃうの??

 

こういった単純に見えて基礎部分の疑問をスパッと解決

していきたいと思います。

 

「糖分の摂り過ぎ」や過度な糖分が心身に及ぼす影響については

こちらのドキュメンタリー映画をまずはご覧ください。

 

あまくない砂糖の話(字幕版)

あまくない砂糖の話(字幕版)

  • 発売日: 2016/10/20
  • メディア: Prime Video
 

 

 

砂糖・甘いモノは昔、贅沢品だった

甘いモノが愛される理由

スイーツを食べることが「至福のひと時」とされる理由

これらどうしてだと思いますか?

 

BBAはてっきり

「甘いモノが昔は贅沢品であったため」

と思っていたんです(^^;)

 

国民がパンも食べられたい時に

マリーアントワネットはお菓子食べてた

あのイメージです。

 

甘いモノ=贅沢

というすり込みが影響しているんだろうなぁと。

これも理由の1つにかすっているかもしれない…

 

けど、もっと納得のいく話を聞いたのです!

 

ここ200年ほどで人々の生活に深く浸透した砂糖

昔は希少で高級品だった砂糖を使った甘いモノ

今では砂糖をたっぷり使った甘いモノも気軽に食べられる程に

人々の生活に広がっていますよね。

 

砂糖が人々の生活に広く、深く浸透したのは

ここ200年ほどのこと…

今ではすっかり社会に根付いていますよね。

 

BBAも自宅の砂糖を切らさないようにしています。

煮物とかタレものとか料理に砂糖は欠かせませんから。

 

ここまで人々にとってなくてはならない存在になった理由

これについて面白い話を耳にしたのです。

 

砂糖・糖分・甘いモノが人々に愛される理由

あまくない砂糖の話(字幕版)

この砂糖ドキュメンタリー映画の最後の方に

こんな面白い話がされていたんです。

f:id:mousoumajyo:20200813150648j:plain

砂糖を食べた時の脳の刺激が

“愛を感じた時と同じだから”

だからこそ、砂糖は人々の生活に深く浸透したというのです。

 

本当に「愛してる」わけです。

本当に人々は「砂糖に愛を感じている」!?

 

砂糖を食べると「愛されてる安心感」や「愛を感じた時の幸福感」が

グワーッと脳に広がって私を包むってことかぁ

 

なんか、めっちゃ納得した。

甘いモノ食べた時のあの「幸せ」な気分は

本当にそこに愛があったからなのか!!

 

だとすると…この愛の多幸感を手放すのは難しいよね。

砂糖のと距離感を見直さなければ

上手に付き合っていきたいね。

あまりに距離が近いと関係は上手くいかなくなるものですから。

 

砂糖と人間の関係の基盤が「愛」ならば

依存は絶対に駄目ね…ほほ~すべては単純な仕組みでできている…

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村