プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の神様は面白い】香取神~フツヌシ神(イワイヌシ・イハヒヌシ)

f:id:mousoumajyo:20211225153938j:plain

鹿島神のタケミカヅチ命といつも一緒に

重要な任務を行っているイメージのフツヌシ神さま

香取神宮の御祭神としてご存知の方も多いのかな?

 

 

同じ剣霊神でもタケミカズチ命は「雷・火・動」のイメージですが、

こちらフツヌシ神さまは「静」のイメージの剣神であり武神です。

日本の武道の神そのものって印象です~

 

 

天照の信頼厚い剣神~フツヌシ神

香取神こと経津主神(フツヌシノカミ)は

霊剣・布都御御魂(フツノミタマ)の神霊です~

 

ということで、ここでフツヌシ神の別名も紹介しておきます

  • 経津主神フツヌシノカミ
  • 布都御魂神(フツノミタマノカミ
  • イワイヌシ神(イハヒヌシ

この神名をカタカムナで見ていくと、

この現象界の根源を支えている重要な神であることが読み取れるのです。

まーそれはおいといて、

 

日本書紀」によると

天照大御神の命を受けて、天孫降臨に先立ち

タケミカヅチ命と共に出雲国降り

大国主命と交渉し「地上の支配権」を天孫ものにした

「国譲り」成功の功労者として描かれています。

 

「静」の剣神~その誕生にある縁

同じ剣神・武神として「相棒」の如く一緒に大役を果たしてきた

タケミカヅチ命とフツヌシ神様

 

タケミカヅチ命が「動」、フツヌシ神が「静」のイメージがあるのは

その生まれに秘密があるのかもしれません。

 

タケミカヅチ命と同様に「火の神カグツチ」とその父・イザナギ

父子の因縁がフツヌシノ誕生にも関係しています。

 

誕生と共に産みの母イザナミに大火傷を負わせ

死に至らしめてしまった「火神カグツチ

イザナミの死に怒り狂いカグツチに剣を振り下ろした父イザナギ

  • 母殺しの罪を背負って生まれてきたカグツチ
  • 父の怒りと憎しみを受け殺されてしまう息子カグツチ
  • 妻の死により「子殺し」をしてしまう父イザナギ

恐ろしい親子の因縁の中で

父の怒りの剣がカグツチの首を切り落とした時に流れた血から

誕生したのが「タケミカヅチ」でしたよね。

激しい怒りと愛憎の中で生まれたわけです…「動」のイメージ湧くやろ。

 

では、フツヌシ神の誕生は?というと

カグツチの首を斬ったイザナギの剣から滴り落ちた血が岩に沁み込んで

化成した神がイワサク・ネサクの2神で、

この2神の子である磐筒男神磐筒女神の子として誕生したのがフツヌシ神なのです。

 

父と子の「怒りと憎しみと死」から流された血から生まれたタケミカヅチ

その血を祖の因縁に持ちながらも

祖父母神と父母神をもつ穏やかな生まれのフツヌシ神なのです。

だからね、「静」のイメージなのです。

 

だからこそ、タケミカヅチ命とは陰陽の関係にある

良き相棒なのかもしれません。

 

常陸国風土記」のフツ大神

鹿島神タケミカヅチと香取神フツヌシ

2神が祀られている鹿島神宮香取神宮の位置に注目!

 

この2神が下総~常陸に置いて重要な神だったことは間違いないでしょう。

そんで「常陸国風土記」によると

”天地のはじめのころ

 普都大神と名乗る神が降りてきて

  日本中を巡り山河の荒ぶる神を鎮めた”

とあるそうです。

天地創世記の重要な神やんけ~!

 

明王のようでもあり、調和をもたらす神のようでもあるのだ。

う~ん、やはり日本の東にも古代王国や文明があって

その拠点が鹿島~香取付近だった気がするんだよなぁ

 

カタカムナの音の示しに注目!

そもそも、漢字由来の日本語文字が造られる前に

「声音語」として日本語はあったはずですよね。

 

だから神名の音の示しに注目すると

  • フツヌシノカミ
  • イワイヌシ
  • イハヒヌシ
  • フツノミタマノカミ
  • カトリ

と非常に「潜象カムの根源の力」が濃く秘められた

「現象化の力」の素と関わり深いのです。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村