プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【元気が出るガニー軍曹】ロケット砲の歴史②19世紀に鋼鉄製のロケット弾へ(コンクリーヴ~ヘイル)

f:id:mousoumajyo:20211123155320j:plain

形的には12世紀の中国式ロケット(巨大な竹筒ロケット花火)から

19世紀になってもそんなに変わっていません(嘘やろ!?)

 

 

私が「ロケット砲」の威力に脅威を感じるきっかけとなったのが

実話映画「ブラホークダウン」

 

この戦闘の中でアメリカ軍を窮地に追い込んだ武器が

民兵側がバンバン撃ってくるロケット砲「PRG」なのです。

 

 

では、19世紀に入ってどう進化しか、見ていこう!

ガニー軍曹TVはこちら

 

※このAT-4撃ってるおじさんがガニー軍曹だよ(‘v‘)

 

 

③1805年 コンクリーヴロケット

中国、朝鮮、アジアで産声をあげ進化してきたロケット砲が

19世紀に入りヨーロッパで「ロケット弾」の性能が向上!

 

竹筒から鋼鉄製の弾に進化

f:id:mousoumajyo:20211123170755j:plain

でも形状はまだ「ロケット花火型」なんだよ~(マジか!?)

発射台も必要やで!

  • 1805年
  • コンクリ―ヴロケット
  • 有効射程:3300m
  • 弾頭:火薬+焼夷材

弾部分が鉄製になっただけなので

命中率は「よくない」ままです(^^;)

カセン同様にその目的は敵の野営地(敵陣)に火を放つことにあったようです。

ただグン!と有効射程距離が伸びたので

かなり遠くから敵地に打ちこめるようになったわけですな。

 

④1846年 ヘイルロケット

ここからは、発射台も鋼鉄製の筒になり

だいぶ私がイメージするロケットランチャーに近くなってきた!

だが、大砲に近い感じで

まだまだ携帯して銃の様に構えて撃つには程遠い…

でも、ここで弾の性能が更にグンとあがります!

 

f:id:mousoumajyo:20211123171803j:plain

  • 1846年
  • HALEロケット
  • 有効射程:2740m
  • 弾頭:火薬

 

発射されると弾が回転し、真直ぐ飛ぶようになった!

ラグビーボールのようなことらしい。

これで、命中率も格段にあがったのです。

 

発射台も鋼鉄の筒になり

ロケット花火型の棒が無くなったんだぜ~

槍方から砲弾型へ進化やっ

 

◆20世紀にロケット砲はとんでもない進化を!

と、ここまで19世紀までの進化の段階では、こちら

 

 

RPG」までほど遠い感じが漂っていますが、

20世紀に入ると「スウェーデン」がやってくれます!

とんでもなく進化するよ~

 

20世紀からの進化がとんでもないです。

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村