プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図形の法則~「5」の示し①「4」で出現した世界を『知覚』する第五の点

f:id:mousoumajyo:20211014152251j:plain

遂に「5」まで来たぞ~(長かった)

ここからグッと世界は複雑になっていきます。

「ここに在る」存在の証明には”知覚”されねばならない…(哲学がチラリ)

 

 

この世界の法則を探る為

古代文明、自然、曼荼羅などが示す「幾何学模様」

に込められている法則性に注目している私です。

 

複雑な幾何学模様を読み解くために基礎固め中…

まずは「数」が示すこの世界の法則を覗いております。

 

 

「5」により出現した世界・万物万象は”知覚”される

f:id:mousoumajyo:20211014154054j:plain

 

ちょっと哲学っぽい話になりますが「重要」な点となります。

1・2・3・4と「絶対なるもの」の創造活動

⇒「一なるモノ」の創造原理を見てきました。

 

「3」により時間・空間・物質が生みだされ

「4」により構造が与えられ、

立体化・物質化・現象化し3次元世界(物質世界)が出現しました。

※ここまでが前回までのお話

 

では出現したものが「そこに在る」ということは

どうやって確定するのでしょうか?

出現⇒「存在」となる為には『知覚』されねばならない。

 

有名な古代ギリシャの哲学者の言葉

「森の中で誰にも知られずに倒れゆく木は、音を立てるだろうか?」

 

観察者無しに存在するのか?

木がそこに在ったことも、倒れる時の音も

「誰かに知覚」されることなしには「無」に等しいのではないか?

 

私の存在を全く知らない人にとって

私はこの世に存在しないも同然なのです。

その人の世界に私は存在していませんから。

 

ということで「4」によって出現したこの世界・万物万象が「存在」するためには

「知覚される為の第5の点」が必要になるわけです。

 

ちなみに「5」=「Pentad:5つ組」と示されるんだぜ~

 

知覚から認知をもたらす「五感覚」

”「5」が知覚をもたらす”と聞いてピン!ときた。

まさに「五感」やないか~と。

 

視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚=感覚

この知覚するために5つの感覚があるのも偶然ではないのでしょう。

 

出現から「存在」になる為には

知覚され認知されなければなりません。

そして認知から認識へと進み「意識」が生まれます。

 

遂に「意識」がこの世界(宇宙)の構造に組み込まれたかぁ(感慨深い)

 

本日のまとめ:「5」により知覚と意識がもたらされる

遂に「意識」がこの世界の構造に組み込まれたぞ~

物質界に意識界が組み込まれているということではないか!?

 

なんかね、この辺のことカタカムナでも説かれているんですよ。

しかも何度も何度も語ってくる(重要なんだと思う)

 

んで、カタカムナでも神聖幾何学でも

この知覚と意識は「生物(生物脳)」に現れるというのです。

 

遂に生命・生物の出現だよ~

生命・生物は、この世界を「知覚」する為に生み出されたってことか(ロマン)

 

面白くなってきたでしょ(カタカムナとも共鳴してくるよ)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村