プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【世界経済~日本経済】南北戦争からはじまる~我利我利拝金主義の広がりの謎解き①

 

トータル・リコール 劇場版 (字幕版)

2012年版の「トータル・リコール」の感想&考察を書くために

南北戦争の認識から見直さねばならないという先の長い展開に(--;)

でも「どうして日本社会が全体にカリカリして攻撃的になったのか?」

などその辺の謎も最後まで書けたら解ける話になっております。

 

 

トータル・リコール」では

核戦争により人間の居住区域が限られたものとなり

富裕層が暮らすイギリス周辺地域と

労働者層の居住区がオーストラリア周辺に分けられ

労働者たちは地球の中心部を通って富裕層の豊かな生活のため

ひたすら労働力を生産性に替え吸い取られてります。

 

 

 

この映画よ~~~~く観てくださいね。

北半球に暮らす富裕層と

南半球に暮らす労働者層の人種構成や暮らしぶりを。

すごく大事なことがさりげなく描かれています。

 

最新のテクノロジーを使って生活しているのはどちらでしょうか?

富裕層が守っているものはなんでしょうか?

ここ、超面白いことが描かれているよ。

 

そこを上手に伝えたくて

感想&考察日記のために「世界経済」の話からするわけです。

しかも南北戦争の話からはじまるの。

 

 

南北戦争奴隷解放のためではなく南部独立戦争!?

南北戦争といえば

奴隷解放」のための南部と北部の争い

という認識だった私です(--;)

 

でも世界経済のしくみが見えてくると

奴隷解放」争点の内戦でないということは感じていた。

もっと自分たちの利益や権利で動いていたはずだ・・と。

 

そんな時にプライムリーディングで無料だったので

この本を読んだら「なるほど」と思うことが書いてあった。

 

 

この本によれば「南北戦争とは?」

北部州が支配するアメリカ合衆国(ユニオン)から

南部11州がアメリカ連合国(コンフェデレート)を

名乗って独立しようとした戦争です。

と書かれており

その理由も「なるほど」と納得できるもので

しかもこの南北戦争はトランプ政権の誕生と密接な関係が・・。

 

「移民を排除し、白人のアメリカを取り戻そう」

というトランプ支持者たちのいう

  • 移民って誰のことなのか?
  • 白人って誰のことなのか?

ここが私の思っていた認識と違ったのです。

 

南部がユニオンから独立しようとしたのは

もともと南部と北部では

  • 経済的にも
  • 社会的にも
  • 思想的にも
  • 人口構成的にも

大きな違いがあったので当然ともいえる。

むしろなぜこれですんなり独立できなかったんだ?

と思ったのですが

そこに「奴隷解放」を掲げた理由が見えてきました。

なるほど。

 

こんなに違う、北部と南部

経済的にも、社会的にも、思想的にも全く違うとはどういうことか?

 

■北部は工業で栄える移民の地

f:id:mousoumajyo:20191202173520j:plain

イギリスで産業革命が起きて

工場を24時間動かす動力を得て

多くの労働者を必要とした結果

工業が盛んな北部には

ヨーロッパからアイルランド人、イギリス人、ドイツ人などが

大勢移住してきて工場の生産性を支えていた。

 

彼らを雇う工場にはイギリスの銀行家たちの投資が入っている。

 

人口の多さ、経済力で北部が大きな力をもっていたが

その中身は「移民」であり「ヨーロッパ」だったともいえる。

 

アメリカなんてもともと新大陸発見以来

先住民から奪ったヨーロッパ移住者の国じゃん!」

と思ったあなた・・私も同じように思っていました。

 

しかし、その先住民から土地を奪い開拓した人達は意識が違うのです。

「パージ」でもたびたび耳にする

「ファウンディングファーザーズ・建国の父たち」が大きく関わっているのさ。

 

■裕福な白人が支配する農業社会の南部

f:id:mousoumajyo:20191202175054j:plain

広大なプランテーション

黒人奴隷をつかって経費を抑え生産性をあげ

ヨーロッパへの輸出で儲け富を得ていた裕福な白人オーナーたち。

 

彼らこそ、この地を先住民から奪い

手を血に染めながら開拓してきた建国の父たちの子孫であり

その意識は「正統なアメリカ人」なのです。

彼らにはヨーロッパからの移民という意識は無いのです。

 

本当の対立の火種はなんだったのか?

「奴隷問題」よりも

南部と北部が内戦に進んだ理由はこっちの方が納得できます。

f:id:mousoumajyo:20191202180044j:plain

やはり経済、利益の追求こそが本当の原因であり

貿易に対する姿勢の対立は大きかったはず。

 

くわえてこちらの対立問題が火元でしょう。

f:id:mousoumajyo:20191202180549j:plain

 

国の支配と経済的豊かさをかけた

移民vs正統なアメリカ人の戦い

 

これ・・・どこかで聞いたような・・・

トランプ政権のスローガンやないか!

 

移民vs正統なアメリカ人 終わりなき戦い

トランプ政権のいう移民、

トランプ支持者がさす移民が

どういった人達か以前より見えてきましたよね。

 

「正統なアメリカ人」以外の人がみんな移民

ですが・・今は「白人とそれ以外」という意識の方が

前に来ているように見えますね(^^;)

たぶん白人以外を排除し終えたら、

次は「正統なアメリカ人とそれ以外」に意識が向けられるんでしょう。

 

でもトランプ政権が「移民」として観ている中には

ヒスパニック系や黒人、東洋人などに加えて

「銀行家」が含まれているというんです。

 

南北対立の時にも影響していたイギリス銀行家からはじまり

今のアメリカでは・・

近年のアメリカはウォールストリートを舞台にした金融市場が

大きな力を持っており、富の99.9%は彼らが握っている。

 

銀行系の人たちによる富の独占が

格差社会を生み出し

アメリカの一般国民を貧困に叩き込んでいった。

 

現代洗脳のカラクリより

 

ということで

銀行家を含む移民を排除し

「白人の国アメリカを取り戻そう」って

士気の高まりがトランプ政権誕生につながったそうだよ。

 

富のほとんどを占めているのが金融市場の胴元であり

ヨーロッパの権力者であることまで

国民全体が意識しているのかぁ・・・・さすがだぜ。

 

しかしトランプ政権の人事をみると・・

どうなんですかね?

 

ゴールドマン・サックス

ロックフェラー家に

っとなかなかのあれじゃないっすかね。

 

やはり世界を動かしているのは

昔も今も彼らと金と力なのかも。

 

踊らされながらも小市民独女BBAとして

自分の快適な人生を守れる賢さ(ズル賢さ)を

身につけねば!

 

この移民vs正統なアメリカ人という意識

実は日本にもその影響はビシバシきているのです。

最近の日本社会のピリピリ、イライラした空気と

無関係じゃないようですよ。

 

では、②に続きます。

次回は「アメリカンドリームの終焉」予定っす。

映画の感想まで道はながいのですが

ここを踏まえてみると実に面白い描写が多い映画なのです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

幼児化する日本社会―拝金主義と反知性主義

幼児化する日本社会―拝金主義と反知性主義