プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【車は生き物で相棒】グランドツアー2#2~フォードGTvs飛行機 時々メルセデスGTR・デザインチームの暴走

めざせナイアガラ!フォードGT VS 乗り継ぎの男たち

そこまでの馬力いる!?普段の生活でっっ的な脳みそのBBA私です。

フォードGTを推すジェレミーが飛行機に勝負を挑んだよ。

これが車好きおっさんずの「本気の車遊び」のすごいところだよ!

 

 

グランド・ツアー シーズン2 予告編 (字幕版)

今回はグランドツアー シーズン2第2話です!

第1話で完全電気スーパーカーで最後にクラッシュし

骨折したリチャードが松葉づえで登場です。

 

フォードGTはめちゃくちゃ駿馬みたいにかっこよかったんだけど

私的にツボはデザインチームが上層部に訴えて

好き勝手にデザインしちゃったメルセデスGTRです。

そこに「デザインチームが自由にやるなら俺たちだって!」と

のせてきた技術チームがまたツボる・・・

 

メルセデス・・いい会社じゃないか(;;)胸アツっ

 

 

めざせナイアガラ!フォードGTvs飛行機対決

こんなこと、ホントにやるヤツいるの!?

という週刊少年ジャンプ系の冒険や勝負をする

車好きおっさんズ3人に驚きっ

 

フォードGT推しのジェレミー

メイ&リチャードの飛行機組に勝負を挑みます!

リチャードは骨折中なので

メイへのハンディなのです(^^;)

ただこのジェレミーのメイへの意地悪が

最後に奇跡のメイ&リチャードの「最強のふたり」再現

に繋がります。

 

NYからナイアガラの滝までのスピード勝負だよ!

 

■フォードGTの紹介

f:id:mousoumajyo:20191202225234j:plain

※グランド・ツアー2#2より

 

この車・・・街を疾走する車ではないのでは???

車に疎い私でもそう思った(^^:)

 

私にはまだあまり理解できないのですが

車好きが称賛するデザインの車のこのセンターラインデザイン・・

とかボンネット色違いとか・・何なの?!

かっこいいの??

 

レースカー用のデザインじゃないの??

サーキットでは映えるけど

普段の街走行でこのデザインは・・・逆にオラオラ下品になってない!?

 

そんな私の心配をよそに

ジェレミーの悪おやじ&嫌み紳士っぷりと見事なマッチ!

これはこれで正解のなのかも・・と思うまでに。

 

  • V6ターボエンジン
  • 647馬力
  • 車高もボタン一つで変えられる
  • 最高時速400km/h
  • お値段⇒40万ドル

 

とにかく「走る」為の車です。

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.346 フォード GT プラモデル 24346

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.346 フォード GT プラモデル 24346

 

センターラインがあろうが

なかろうが目立ってしまうデザインのフォードGT!

 

フリーウェイでの走りは間違いなくかっこいいです。

 

メイと骨折リチャードの飛行機組の珍道中

あのクラッシュ事故から

早期復帰したリチャードですが

今回はメイへのハンディ扱い(^^;)

 

松葉づえから

車椅子に乗り替え

空港~飛行機~ナイアガラの滝を望む公園を

大疾走するふたり。

 

ジェレミーの意地悪で

ビジネスクラスシートをエコノミーに、

機内でのアルコールは禁止に

変更された2人は機内で「ぽかん」と。

 

最終的にゴール直前のふたりは

まるで映画「最強のふたり」状態!

ちょっと気分上がった。

 

デザインチームの挑戦:メルセデスGTR

今回クローズアップで紹介されたのは

メルセデスのGTR!

車のデザイン若手チームが上層部に訴えて

実現した冒険したデザインのメルセデスGTRが誕生したよ。

f:id:mousoumajyo:20191202231318j:plain

※GT2#2より

 

デザインチームが訴えたにしては

さほど珍しいデザインでもないような・・・

既視感あるしメルセデスマークがドデカすぎるような・・

 

でもジェレミー

「遊び過ぎのデザイン」と評価してたよ。

 

デザインを学び、力学を学んで

いざ就職してカーデザインの現場で働くようになって

任されるのはボタンのデザインだという・・

 

そんな中デザインチームの若手たちが

「なにか面白いことやらせろ~」と訴え実現したのがこれさ~

そこに「デザインチームが自由にやるなら俺たちだって!」と

乗ってきたのが技術チーム。

 

もう、好きになったらええがな!

とデキた車は

ぶっとんだデザインに真面目な技術の融合したこの1台だよ。

 

  • ツインターボV8エンジン
  • 577馬力
  • エボラコースのタイムは1:18.7で歴代3位!

 

ジェレミー曰く

メルセデスならもっと馬力のあるエンジン搭載できるのに

今このエンジンということは・・・

「いずれもっと速いスポーツカーだす気だな」と

「じゃー今わざわざこれ買わないぜ」って結論だしてたよ。

 

私は逆にメルセデスという会社の

「車好き」姿勢感じたけどね。

それでも私はマツダMX5かホンダNSX推しさぁ

 

飛行機チームに勝ったフォードGT

たぶんリチャードが骨折してなかったら

飛行機組の勝ちだったと思います。

 

それでもフォードGTの速さは本物で凄い

という証明が成されたことには変わりないです。

 

飛行機と車で移動対決するとか

よくやるぜ~こんなおっさんたちが実在することが

最高に愉快で面白いじゃないか!

 

メルセデスに速い車を造りたいって意志が

あることに実は一番ビビった私です。

贅沢な車、快適性、安定性の方にだけ舵をきっているのかと

勝手に思っていました。

 

やっぱり車屋っとしては「速い車」に挑戦したいものなのかもね。

 

では、また~☆

次回はKIAと超スーパーカーのレビューだよ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

スーパーカー誕生 (文春文庫)

スーパーカー誕生 (文春文庫)

 

 

 

20世紀の巨人産業家ヘンリー・フォードの軌跡

20世紀の巨人産業家ヘンリー・フォードの軌跡

 

 

 

 

 

オンリーメルセデス 2019年12月号

オンリーメルセデス 2019年12月号