プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【ホンダNSX応援!】グランド・ツアー2#1~ガソリンvsハイブリッドvs電気 スーパーカー対決

スーパーカー三つ巴 スイス旅“奇行”

過去・現在・未来のスーパーカー三つ巴対決!

現在の技術代表でホンダのNSXが出てるぞ~☆

しかもメイが運転だぞ~これはもう推すしかない!

 

 

私としては

「いかにホンダNSXが世界の道路を走るスーパーカーとして優れているか」

それが証明されたような気がして、観ていて気分良かったっす☆

 

 

 

サーキットの中でしか

イキイキと走れないスーパーカーよりも

世界中の道路をイキイキ走れるスーパーカーでしょっ

 

ただ、どうしても対戦としては

ガソリン車vs完全電気スーパーカーの比較が

クローズアップされています(;;)

 

でもホンダNSXの安定感は他と比にならないほど抜群で

ドライブを楽しむ、車を楽しむという点では

ぶっちぎり優勝だったと私は思っております。

 

是非、車好きにも、車に詳しくない人にも見て欲しいっす。

 

 

過去の車代表:ランボルギーニ アヴェンタドールS

※過去の車=ガソリン車という意味です

過去の車に乗り込むのはジェレミー

ジェレミーが選んだスーパーカーはこちら

f:id:mousoumajyo:20191202100457j:plain

※GT2#1より

 

シャキーーーンとした鋭利なデザインは

ほぼサメっす。

エンジン音も爆音です。

昔からの暴れん坊の血を引く王道スーパーカーといった感じ(^^;)

 

ジェレミーにぴったりです。

一番幅も長さもあり、でかい!

 

青島文化教材社 1/24 スーパーカーシリーズ No.7 ランボルギーニ アヴェンタドール プラモデル

青島文化教材社 1/24 スーパーカーシリーズ No.7 ランボルギーニ アヴェンタドール プラモデル

SF映画に出てきそうよね。

 

  • 6.5リッター V12エンジン
  • 730馬力
  • ジェレミー曰く「レース場ではなく都会を走る車」

 

スポーツカーに乗ってるぜ~

という満足度は一番高いかも。

 

現在の車代表:ホンダNSX

※現在の技術の車=ハイブリッドカーという意味

ここで登場したのがホンダNSXです。

ドライバーはメイです(信頼と安定感のメイだよ)

f:id:mousoumajyo:20191202105955j:plain

※GT2#1より

はい、かっこいい~

スマートでかっこいいデザインでありながらも

一般道や街中も似合うという優等生!

 

ホンダNSXのより詳しい情報はこちら

dokujyolife.hatenablog.jp

 

ニューカー速報プラス 第36弾 新型HONDA NSX (CARTOPMOOK)

 

速い走りに加え、最新の技術・性能も詰め込まれた

スマホのようなスポーツカーになってるんだぜ

 

未来の車代表:リマック コンセプト ワン

未来の車=完全電気自動車 

これはリチャードが激推し君で紹介してくれております。

完全電気のスーパーカー・・・ダサめのデザインを想像してたら・・

f:id:mousoumajyo:20191202110757j:plain

※GT2#1より

 

なかなかイケてる!

走りもすごい速いんですよ。

まだ、一般販売はしてないようです(撮影当時は)

 

確かにめっちゃ速い!

だって1241馬力だもん、そりゃーそうさ。

 

この3台でスイスを旅しながら

スーパーカー対決が行なわれます。

 

飛行場でのドラッグレース

f:id:mousoumajyo:20191202111418j:plain

※GT2#1より

 

3台ならんでの姿・・圧巻ですな。

飛行場での直線スピード勝負にワクワク

 

でも私はこの勝負の結果は走る前からわかっていた。

前回、日産サファリ(パトロール)1900馬力の走りをみていたからだ。

 

馬力の違いから生まれるスピードの差を目の当たりにしたから。

リマックは1241馬力なんだもの。

 

それでも実際に走りを観るのと想像だけでは

全然ちがうよ~

 

アヴェンタドールSとホンダNSXは超僅差でした。

 

スイスの街中を走る快適さ勝負

これはですね、

スマートなスポーツカー2台の圧勝です。

2台が圧勝したというよりも

青島文化教材社 1/24 スーパーカーシリーズ No.24 ランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 SV プラモデル

青島文化教材社 1/24 スーパーカーシリーズ No.24 ランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 SV プラモデル

 

アヴェンタドールSがひとり負けです(;;)

しかも他の車や街の人々にも迷惑かけちゃって・・・

やはり、まだまだ「街中を走る」車にはなっていないようです。

 

丘のぼり・ヒルクライム対決で思わぬ弱点が!

1955年のルマンでの事故後

スイスではモータースポーツのレースが禁止に(;;)

 

っということで3人はクロアチアまで移動し

そこで開催されているヒルクライムレースに参戦!

他の参加者に混ざり楽しむことに

 

ここで電気スポーツカーの弱点が諸々浮き彫りに!

  • 長距離移動はバッテリーの関係で無理
  • 長距離移動時はトラックにのせて運ぶという最大の弱点露呈
  • (最後まで見てね)燃えやすい!

 

やぱり、まだまだ未来は先の先のようです。

「燃えやすい」というのは番組を最後まで見ると

超驚きの展開になっており、そこで判明します。

 

ランボルギーニ アヴェンタドールの弱点

まー小回りが利かず、

街中で走れないという弱点も判明しておりましたが

爆笑の弱点がヒルクライムでわかったよ!

 

ヒルクライムはドライバーのヘルメット着用が

義務付けられているのですが・・・

なんと、ヘルメット装着したジェレミーが乗りこめない!

車に入らない、運転席に座れないという事件がっ

 

体の大きな人は乗れないという最大の弱点露呈(^^;)

ちなみにレースにはその場に偶然いた

フェラーリのテストドライバーがジェレミーの代わりに乗り込み

参加しました。

この走りが超かっこいいんですよ。

 

総合優勝:ホンダNSX(完全独女目線)

ということで

私の独断で完全優勝は欠点が1つもなかった

ホンダNSXに決定です!

 

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.344 ホンダ NSX プラモデル 24344

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.344 ホンダ NSX プラモデル 24344

 

狭い街中の道も

ハイウェイも

サーキットも

思った通りの走りができる!

ここ重要でしょ

だからぶっちぎりの優勝です(^^)

 

ホンダの社長見てますか~

私はここにいるよ~♪ by 独女テルマ

 

では、また~☆

ホンダとメイが優勝でテンションあがりまくりのBBAです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村