プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの心に平安を】日常生活は禅修行~般若心経㉑亦無老死尽とは?

f:id:mousoumajyo:20201102143520j:plain

ここが非常に難解です…老死=生・老・病・死のことを云っているのか?

無明~老死までの十二因縁のことをいっているのか…

どっちもなのか? BBA大混乱の一節なのです。

 

 

大混乱の一節ですが

今のBBA私なりの理解を

ここに書きだしていこうと思います。

 

心が成長したら

また見えてくる意味も変わるのでしょう。

 

 

亦無老死尽~解読①亦・無 (老死尽)

漢詩・漢文的にまずは和訳していってみます。

 

「亦、老死が尽きることも無い」

 

老いて死ぬことが無くなることも無い

『老いて死ぬという運命から逃れることはできない』

ともとれるのですが

ここは前の一節とセットで考えてみましょう。

 

亦無老死尽~解読②乃至無老死 亦無老死尽

「無無明亦無無明尽」と同じ構成になってますね。

でもポイントは「乃至」によって

語られている内容が「十二因縁」全部におよぶってところ(^^;)

 

無明からはじまる「苦」

  1. 無明
  2. 名色
  3. 六処
  4. 老死

 

これが”尽きることも無い”っていってる。

 

私たちが何かについて

見て、感じて、認識しようとするとき

私たちは世界の真理「無常、無我」を離れ

「自我」に捉えられてしまうので

私たちが生きて思考し続ける限り

「亦無老死尽」なんでしょうね。

 

亦無老死尽~解読③量子状態が変わるだけ

私から見ると「老い」や「死」だけど

実際は「量子の状態」が変わっただけ。

 

私から見ると「負の変化」であり「無になる恐怖」が

そこにはあるのですが

全体でみれば「状態が変わっただけ」で

何も減っても無くなってもいない。

 

この世界の真相は無常(変化し続ける)ので

変化の流れの中の「老死」が無くなることは無いってことかな。

「若い生」のままとどまっていることなど無い、ありえないってことか。

 

私が「老い」や「死」に目を向け、意識する限り

「老い」や「死」はあり続けるともいえる。

 

無常・無我の世界を

覗いてどう切り取るか=どう見えるか

これは私次第だからかぁ。

 

あなたはどう理解しましたか?

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

眠れなくなるほど面白い 図解 般若心経

眠れなくなるほど面白い 図解 般若心経

  • 発売日: 2020/02/22
  • メディア: Kindle
 

 

 

真釈 般若心経 (角川ソフィア文庫)

真釈 般若心経 (角川ソフィア文庫)

  • 作者:宮坂 宥洪
  • 発売日: 2004/08/01
  • メディア: 文庫