プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの心に平安を】日常生活は禅修行~般若心経㉔以無所得故とは?

f:id:mousoumajyo:20201106163047j:plain

「無所得」とするか「無・所得」とするか?
これが難しいんですけど、BBAは決めかねるので

今回は双方から意味を読み解いていこうと思います。

 

 

般若心経がたった262字でできてると知り

軽い気持ちで「何が書かれているか?」知ろうとしたら

とんでもない沼にはまってしまった感じのBBA私です。

 

言葉が持つパワー

字が持つ意味の凝縮&暗号パワー

圧倒されております(^^;)

 

 

以・無・所得・故として解読

「以て、所得は無し、故に」

 

ここで抑えておくべきは「所得」の意味ですよね。

私たちが今使っている「所得」という意味ではなく

仏語の「所得」が何をさしているのか?

 

どうやら「有・所得」という言葉があって

意味は『理解すること、知覚すること』だといいます。

 

有・所得の逆が「無・所得」

⇒つまり、「理解も知覚もない状態」ですよね。

 

ということは

「以無所得故」とは

以上のことを以て、

理解も知覚も無いと云える、

故に

ってことになりますよね。

 

今までの前部分全体をさしていると思いますが

わかりやすく直前にしぼると

 

”無智・亦・無得を以て無・所得 それ故に”

智慧ではない知識では真相を得られない 

 よって理解も知覚も無い、それ故に

 

こうなる。これが私の解読の半分で

もう半分はまた違った分解で解読します。

 

以・無所得・故で解読

「以て、無所得、故に」

 

無所得で一語とみなして解読していきます。

「無・所得」で「所得」に主な意味を持たせるのではなく

「無所得」で1つの意味をさしていると考えます。

 

仏語で「無所得」の意味は

こだわりのない心を持つこと、その境地

 

今までの教えを以て

何物にも囚われない心を持つ、

それができたなら

 

こんな意味になりますよね。

これが解読のもう半分。

 

◆「無所得=こだわりのない心をもつ」とは

更に「無所得」の境地を詳しく見ていくと

”自己保存の欲望を無くす”とあります。

 

これはどうやら

「生きたい、守りたい、発展したい」

という本能のからくる欲望らしい。

 

自然と湧きあがってくる本能的欲望を無くせるのか?

謎ですが

どうやら仏語が指すのは「自我に対しての執着」らしいです。

 

自己保存の欲求に支配されたままでは

変化する無常・無我の世界の真相を

「ありのまま」に見ることができないってことですよね。

 

以無所得故まとめ

涅槃に至る智慧を得て

真相を見るためには

「無所得=自我に対しての執着を離れた無我」の境地に

有らねばならないと云っているようです。

 

空と無を理解し、感じなければその境地にいけない…

BBAの修行の道は続く

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)