プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【140才まで生きるBBA】東洋医学で健康管理!自分主治医への道⑤五臓六腑を機能と関係性でみる

f:id:mousoumajyo:20200520153444j:plain

ほほ~なるほど!

東洋医学の本を読んでいると、その広く鋭い視野に感心するばかりのBBAです。

可視できないものの存在も「気」としてさくっと認めているし

五臓六腑の認識も「内蔵・臓器」ではなく「機能」を指しているいるってすごい!

 

 

と、目から鱗が滝状態のBBAです。

 

お恥ずかしいことに

五臓六腑」という言葉は知っていましたが

「内蔵全体を示す言葉」という認識しかなく

ピール飲んだ時の

五臓六腑に沁みわたるぜ~』って

使い方しか聞いたことなかった私です。

 

東洋医学での「五臓六腑」は

その機能、その関係性を特に重要視していて

ためになるし面白いよ!

 

140まで生きる(つもり)のBBAの健康バイブルはこちら

 

本日は自分の健康管理をするためにも

重要な五臓六腑の基本を押さえておきましょう!

 

 

人体を構成する「臓腑」とは?

五臓六腑というものを見ていく前に

人体を構成する「臓腑」全体を知っておこう。

 

東洋医学によると

人体を構成する「臓腑」とは

多きく3つに分けられる。

 

  • 五臓(肝・心・脾・肺・腎)
  • 六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦
  • 奇恒の腑(脳・髄・骨・脈・胆・女子胞)

 

臓腑は精気(気・血・津液・精)の運用を支配していて

精気が体内を循環することで私たちは生命活動を維持できている。

 

臓腑というのは

生命活動に必要なエネルギーや栄養の製造・運搬のための

あるとも考えられる。

 

健康というと臓器の病気を恐れがちだが

精気(気・血・津液・精)の方が健康管理では

重要ってことにここで気が付くでしょ!

 

五臓の機能と関係

f:id:mousoumajyo:20200509171539j:plain

五臓は精気を貯蔵し、生命活動の中心となって働く臓腑

更に精神活動の元となる「神(シン)」も育んでいるんだよ!

※ここ(↑)重要

 

本当に、心臓には「心」があった!

人の感情や意志決定は「脳」だけでなく

五臓が深くかかわっているんだって

だから「理性ではわかっていても感情が抑えられない」ってこともあるわけね。

感情が瞬間に湧くのも理由がわかるね。

※ここは今後、深掘りしていこう

 

①肝(かん)

肝臓であり、全身の気や血の流れを調節しているその機能全体を指す。

また血を貯蔵し全身の血量も調節している。

感情を安定させる働きも持つ。

 

②心(しん)

五臓六腑を統括し全身に血を巡らせている。

また思考、意識などの精神活動を制御する。

心臓であり心(こころ)の機能全体をさす。

 

③脾(ひ)

脾臓であり、その機能全体を指す。

胃の消化吸収の働きを制御し、吸収した栄養分を全身に供給。

津液をつくり出し、水分の吸収と運搬も。

 

④肺(はい)

呼吸を行い気をつくり、天の陽気を取り入れる。

津液や血を全体に行きわたらせる機能も担っている。

※呼吸の重要性を認識したBBAです

 

⑤腎(じん)

精を貯蔵し、全身への供給を調整。

全身の水分代謝も調整している。

肺が吸収した気を腎まで下げる。

 

五臓の関係性

五行論に当てはめ関係性をみることができます。

 

働きを強めあう相性関係

f:id:mousoumajyo:20200509171539j:plain

 

働きを抑える相克関係

f:id:mousoumajyo:20200509180325j:plain

1つの臓の不調は、関係する他の臓へ

そして精気の流れを滞らせ

全身の不調に繋がっていくので

早めに身体をバランスを整えましょう!

 

映画スーパーサイズミー

30日間マクドナルド商品だけ生活でも

最もダメージうけたのが「肝臓」ですよね。

健康な肉体は健康な「肝」からですぞっ

 

六腑の機能と関係性

六腑は飲食物を消化吸収し

栄養分をとり出し、他の臓腑や機関に送るとともに

水分の吸収や配分も行う。

不要物の排出も担う。

 

①胆(たん)

胆汁を貯蔵・排出し、胃・脾の消化をサポート

決断や勇気に関与する重要な腑

 

②小腸(しょうちょう)

胃から送られてきた飲食物を

必要物の清と不要物の濁に分ける。

栄養分は脾、不要な水分は膀胱、不要な固形物は大腸へ送る。

 

③胃(い)

飲食物を最初に受け入れ消化を担い、脾の働きをサポート。

荒く消化したものは小腸に送り、脾臓の作用で食物の栄養分は

精気の素となる水穀の精微になる。

 

④大腸(だいちょう)

小腸から送られてきた不要物から

水分を吸収し

便をつくり排出する。

 

※大腸に水分吸収機能があるのでBBAは身体を温め過ぎて

 カチカチの硬便便秘に陥ったことある(ご注意を)

 

⑤膀胱(ぼうこう)

余分な水分は尿となり

膀胱は貯尿・排尿を調節。

腎からの排出の指示により膀胱は開く。

 

三焦(さんしょう)

津液(血液以外の体液)の通路を指す。

津液、気の通り道であり臓器という形ではない。

その通路は上から上焦、中焦、下焦の3つの分けられ

その3つを差して三焦という。

 

五臓と六腑は密接に関連している

五臓と六腑は対になって密接に関連している。

そうして全体としてバランスをとり健康を維持している。

f:id:mousoumajyo:20200520153444j:plain

その関係性を示したのがこの図なのです。

五臓の五行論の関係だけでなく

五臓と六腑の対関係にも強い影響関係があるのよ。

 

つまりですね、

便秘を放置して頑固な慢性便秘になってしまうと

いずれは肺を傷つけちゃうよ!

ってこと。

 

ここで重要なことは

病気の初期段階では病は腑にあり

長期化すると臓に以降する

というケースが多い

プロが教える東洋医学のすべてがわかる本 (史上最強カラー図解)より

 

だからか!

人間の体がよく出来ているなって感心したのは

「胃や大腸、膀胱の不調って自覚しやすい」ですよね。

小腸や胆についても

「なんかお腹が痛い」って時がサインなのかも!?

 

胃や大腸、膀胱は部位を確信持って「不調だ!」って自覚できる。

  • 胃が痛い
  • 便秘や下痢など(便の異常)
  • 尿の異常

 

五臓が人体の中枢的な役割を果たしている?!

西洋医学だと人体の中枢・統率部は脳となるのでしょうが

東洋医学では生命活動においても、精神活動においても

その中枢を担うのは「五臓」と捉えるようです。

 

ここで私がピン!ときたのは

「無意識」と呼ばれる状態は

脳<五臓の統率下にある状態じゃない!?ってこと。

相互に関係し合っているようなので

どっちの影響が大きいかってことね。

0:100になることのない関係なんだと思います。

 

体の健康は精神の健康に繋がるって意味がわかってきたね。

面白くなってきた~

好奇心も刺激され、楽しんで長生きになるコツ掴んでいけそうです。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

優光泉