プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAガイドの世界を知る旅】セバスチャン・サルガドの視線⑦ジェネシス~森林再生

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター(字幕版)

今日でセバスチャン・サルガドの視線で世界を知る旅は最終日です。

地球に暮らす人々の様子、飢餓・戦争・難民キャンプでの人びとの様子

「人間の破壊」をずっと見てきた彼が旅の終わりに目を向けたのは…

 

 

地球に残された自然でした。

そして人間によって破壊された自然の「再生」に取り組むのです。

世界的写真家のセバスチャン・サルガドの活動を追ったドキュメンタリー

彼の視線で世界を旅する為に観てほしいっす

 

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター(字幕版)

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター(字幕版)

  • 発売日: 2016/06/15
  • メディア: Prime Video
 

 

では、最後の旅にまいりましょう。

 

 

ジェネシス(2004~2013)~起源

世界中の人たちを見つめ、追い続け、

人間の破壊や暴力性と飢餓、戦争、難民キャンプといった

富の分配の不平等といった奇跡も救いもない現実を目にしてきた

セバスチャン・サルガドが最後に目を向けたものは

地球に残された自然や動物たちなど「地球の起源」でした。

Genesis

Genesis

 

彼は気がついたのです。

人間の欲や暴力性により破壊されたものばかりではなく

「地球の半分は、まだ起源の姿をのこしている」ことに。

 

そこで彼は景色や動物にカメラを向け写真を撮りはじめる。

自然や野生動物たちだけではなく

自然と共に暮らすアマゾン奥地の民族たちなどを

「その中に入り」呼吸を合わせて撮影していく。

 

ネネツ族やゾエ族の姿も写真に撮っている。

 

こうして人間が破壊し、争い奪い合う地球の半分の姿と

「起源の姿」を残す地球のもう半分の姿を観た彼は

最後に伝えるべき大きなプロジェクトに取り掛かる。

 

INSTITUTO TERRA~自然の再生への挑戦

わたしの土地から大地へ

わたしの土地から大地へ

 

ドキュメンタリー映画の中で

セバスチャン・サルガド

「故郷の森林を取り戻す」と語った時

私は壮大な夢物語であり、

彼の夢を次の世代、またその次の世代が引き継いでいく

未来のプロジェクトだろうと思って見ていた。

 

実際にドキュメンタリーの中で

彼の故郷、両親が所有する農場の土地は渇いており

山には草もまばらでほぼ茶色い土の丘の姿を観てきたから。

 

こんな乾燥した草も茂らない土地が

森林に生まれ変わるなんて…1000年かかると思って見ていた。

ナウシカ腐海の浄化が1000年だったので)

 

ところが、ドキュメンタリー映画のカメラは

本当に彼が再生させた広大な森林の姿をとらえ

私に見せてきたのです!!

 

信じられない…こんなに短期間で森が再生するなんて…(正直な感想)

でも、実際に映像で見せられているので信じるしかない。

 

250万本以上の樹が植林され、

1000以上の水源が再生、

ジャガーなどの動物も戻ってきたという。

 

現在、このテラはサルガドの私有地から国立公園となっている。

彼のこの活動は土地改良のモデルとなり

各地の森林再生に貢献しているそうです。

 

政府や大企業や最先端科学技術ではなく

ひとりの男が家族や仲間とはじめた植林が

本当に森林を再生させたのです。

自然の育む力に呼吸を合わせる方法で。

 

奇跡は失敗や苦悩の連続の先にある努力の結果である

神がパっと起こす奇跡は人間には起こせない。

神が天から眺め「善い人間」を選び、褒美のように奇跡を起こすこともない。

 

でも、セバスチャン・サルガドは自然を相手に

実際に奇跡的な結果を見せてくれた。

 

それは失敗と苦悩の連続でも諦めず行動を積み上げて得た

当然の結果ともいえる。

奇跡ではなく、その結果を得るまであきらめず行動したから。

 

  • 1度目の植林では6割失い
  • 2度目では4割失い
  • 現在は緑の森林がよみがえっている。

 

多くの人は1度目の植林で6割失った時に

絶望して諦めてしまうのではないだろうか?

私も心が折れると思う…だって6割が「無駄な努力」だったってことでしょ…

しかも森林を目指す6割はとんでもなく巨大だし。

 

私のように心が折れそうと思う人ほど見て欲しい。

彼が再生した森の姿を。

再生前の乾燥したハゲ山から森林になるまでを。

 

「努力」というと努力自体が美談で目的になりそうなので

「行動の継続」と言ったほうがいいかな。

 

目的・目標・得たい結果のビジョンがぶれない

行動の継続は奇跡と思えるような夢物語も実現する。

このことを見て知ることができたのは幸運だと思う。

 

次の「世界を知る旅」もお楽しみに~☆

では、また。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

森づくりの原理・原則-自然法則に学ぶ合理的な森づくり

森づくりの原理・原則-自然法則に学ぶ合理的な森づくり

  • 作者:正木 隆
  • 発売日: 2018/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

砂漠化ってなんだろう (岩波ジュニア新書)

砂漠化ってなんだろう (岩波ジュニア新書)

  • 作者:根本 正之
  • 発売日: 2007/02/20
  • メディア: 新書