プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本を楽しむ】千葉推しBBAガイドの勝手に「松戸市」案内~②矢切の渡し(矢切地区)散策&グルメ

f:id:mousoumajyo:20210619131610j:plain

細川たかしさんの名曲「矢切の渡し」の舞台だよ~☆

BBAは小さい頃からずーっと『やぎりの私』だと思てたよ~(よ~の予言の口調)

 

 

せんべろ酒場「大都会」がある街『松戸市

だから呑兵衛BBA私、めっちゃ親近感を感じております。

今回は~名曲の舞台「矢切の渡し」~矢切地区散策行くよ~

 

※BBAは千葉っ子なので千葉県は特別枠で「推し」ております(‘v‘)

 

 

北総線矢切駅」から散策スタート

まずは「松戸市観光協会」サイトでダウンロードできる

散策マップ&パンフレットをゲットしよう!

f:id:mousoumajyo:20210620132949j:plain

観光パンフレットダウンロード - 一般社団法人松戸市観光協会 公式ホームページより

 

では、矢切駅からお散歩スタート!

 

北総線 矢切駅

京成グループ北総鉄道北総線矢切駅」下車だぞ~

京成高砂駅印旛日本医大駅を結ぶ路線だよ☆

 

1991年開業で2017年に「発車メロディ」が導入され

その曲は『矢切の渡し』なんだぜ~(粋だね)

 

②矢喰村庚甲塚

”七度の大きな戦を経て”

平和を願い造られた塚なのだ(;;)

 

平和を願う人々の気持ちは

昔から今も変わらないのです…

挨拶に立ち寄りましょう(平和を願って)

 

野菊の墓文学碑&野菊苑

ここ「矢切」が舞台になっている有名小説「野菊の墓

その記念碑があるよ~(昭和40年建立)

 

 

BBA的には「映画」の印象が強い

 

 実は「野菊の墓」は別の主演女優さんバージョンも有名なのですが

あなたは「誰か?」わかりますか(^^)ふふふっ

 

野菊の墓」は純愛小説ですよ~☆

 

文学碑のある野菊苑(公園)は桜の時期おすすめですよ~

咲き誇る桜がとても美しい☆

 

矢切の渡し

渡し船の運航は時期によって運航日が変わるよ(要チェック)

  • 3月中旬~11月は毎日
  • 12月~3月上旬は土・日・祝日のみ

天候や川の水位によって運行中止の場合もあるので

お出かけ当日に事前に運行確認しよう!

 

矢切の渡し」に乗る前にこの曲を聞いておこう(^^)

 

 

矢切の渡し」は江戸時代に初期に徳川幕府によって

庶民の足(交通手段)として設けられた『利根川水系河川の15の渡し場』の1つ

www.matsudo-kankou.jp

 

現代は陸上交通・道路に車両運搬が盛んですが

昔は「水運」こそ運搬・運送・物流のメインでしたものね~

そんな日本の昔の風景を思い浮かべながらどうぞ

 

⑤柳原水閘

明治時代のレンガ積工法を伝える貴重な土木建築遺産!

(建築好きさんよっといで~)

 

 

 

 

 

 

 

と、江戸時代の人々の暮らしや

明治時代のレンガ建築や

小説「野菊の墓」の時代のこの地の人々に

思いを馳せながら散策を楽しんだら~

グルメへGo!

 

◆矢切のグルメ名店

矢切は蕎麦の名店多し!

この辺の呑兵衛さんはそば屋で一杯派なのかなぁ(カッコいい)

 

矢切の渡し売店

tabelog.com

 

こういうのが旨いんだよ~的な昭和のワクワク感漂うお店

かき氷や瓶のラムネや串に刺さった酢イカとか全部「いいね」

 

②吉野(そば屋で呑む)

tabelog.com

 

鴨せいろなどの蕎麦だけではなく、

酒場メニューも豊富な「美味しいお店」なのだ!

お酒のメニューも豊富やで~

 

たくさん歩いて、お腹がすいている場合は「天丼」もおすすめ☆

 

③蔵のギャラリー喫茶結花

tabelog.com

 

やはり「街散策の楽しみ」といえば

茶店でちょっと休憩を…ですよね(^^)

蔵造りの素敵な店内でちょっと一息を☆

 

矢切駅すぐ側:スーパー銭湯「笑顔の湯」

com-keisei.co.jp

 

1日旅(日帰り街散策)でも

温泉気分っていうか、のんびり大きなお風呂で癒されたい!

そんな時は矢切駅から徒歩1分のこちらへ

 

多種多彩なお風呂が楽しめて、更にこちらはお食事処も人気なの

tabelog.com

 

十割蕎麦からお酒のつまみまで

メニューもお酒も甘味も豊富にあるんだぜ~

 

一日旅の〆に最高じゃないか~♪

 

次回は、小金地区でお寺巡りの旅へ

では、また☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村