プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女と世界グルメ】モダニスト料理の世界的名店エル・ブジ&都内でおすすめモダン・スペイン料理店

モダニスト料理の巨匠たち

今回の「EAT THE WORLD」は料理の創造性を増すために料理を

DNA解析レベルに科学研究する料理人をたずねます。

今回の旅の相棒ホセ・アンドレスの熱量がすごいっ

 

 

今回二人が訪ねた世界的料理人フェラン・アドリアは

非常に面白い人です。

私は「料理は科学実験にちかいよなぁ」と前々から思っていたので

ここまで科学している料理人がいることが非常に嬉しかったです。

 

 

 

今回の相棒は今まで以上に陽気で熱量すごくて

すぐに手を組んできたりハイタッチしてきたり

おじさん同士の仲良し具合も半端ないです(^^;)

 

 

科学と料理と現代アートの融合

モダニストの料理って何?

私がまず思ったことはこれでした・

モダニストの料理???」

 

番組冒頭でエメリルが説明してくれた。

「科学とフランス料理と現代アートの融合」のことだと。

 

料理が一皿の芸術であることはわかる。

お皿をキャンバスに絵を描くように料理をつくる人も

お皿の上に立体アートを表現する料理人もいる。

 

科学というのも

元々は調理による味の変化や

素材の組み合わせによる化学反応的部分はあるけど・・・

もっと踏み込んでいるのかな??

 

そんな風に思っていたら

もっとガンガン科学にふみこんでいました!!!

 

ただ広い意味では「前衛料理」という捉え方でいいようです。

 

シェフが集まれば魔法が起きる

まずはホセの案内で

「スペインの伝統料理を現代風にアレンジ」した料理を食べに

モラン家が135年以上も守るミシュラン星獲得レストランへ。

 

◆店名:カーラ・ヘラルド

スペインに訪れた際は行ってみて(^^)

 

こちらではなかなか斬新なウナギ料理から

伝統の豆の煮込み料理をいただいていました。

 

①ウナギのカクテルスープ

◎つくり方

  1. 大きなワイングラスにウナギの稚魚を入れる
  2. ウナギの燻製を稚魚の中にイン!
  3. アツアツのコンソメのだし汁を注ぐ
  4. クルクルっと回して出来上がり

生シラスの踊り食いみたいな感じだった。

だし汁はコンソメベースで色はブランデーとか

ウィスキーのブラウンだったよ。

 

エメリルが「すごくおいしい」と褒めてた。

 

②伝統豆料理:ファバダ

◎つくり方

  1. 乾燥豆ではなく生豆(or冷凍)を水とオリーブオイルとばら肉の脂を加えて煮る
  2. さらに下ゆでしたソーセージ、油でいためたパプリカを加えて煮こむ
  3. 豆を潰さないために途中かき混ぜたりはしない
  4. 豆がスープをすってふっくらしたら出来上がり

豆本来の味と香りに

肉やソーセージ、パプリカの風味も加わり

ふっくら美味しいってよ。

 

心も体も温まる スペインのスープと煮込みレシピ

豆の煮込み料理とは

スペインの家庭料理の基本のようです。

 

エメリルはアメリカ人も豆料理は好きだと言ってた。

 

私の場合「豆」といえば

おやつで食べる和菓子の小豆や

酒のつまみに食べる枝豆のイメージが強いです。

あんまりメインにこない(^^;)

 

なんで伝統に一度立ち寄ったかというと

「伝統が新しいものを生む」からだって。

 

守破離のこといってるようですな。

 

料理に革命を起こし続けるフェラン・アドリア

フェラン・アドリアは世界最高の綾里人として有名な人物。

バルセロナで生まれた前衛料理の生みの親でもある。

 

彼が一躍脚光を浴びたのは1980年代

スペインの名店:エル ブジで料理革命を起こしたのだ。

 

彼は料理を最高に味わってもらうために

レストランを劇場に、

料理をアートに、

ウェイター、ウエイトレスを役者に

お客様を観客でもあり主役の舞台に変えた。

 

そしてアートとなった料理をさらに

創造的なモノにしていくために

自分の店をいったん閉めて

料理を科学している。

 

彼の料理のDNAを継ぐ弟子のアルベルト・アドリアが

「エグニマ」というレストランをオープンしたので

ご安心を。

 

料理の研究を公開している「ブジペディア」

フェラン・アドリアの本格的な料理の科学研究ラボに

カメラが入ったのは世界初のことだという。

是非、観た方がいいですよ!

 

世界各国の料理の歴史から

食材の1つ1つに至るまで

研究されています。

 

フェラン・アドリアいわく

研究に没頭するのも次の段階に料理革命を進めるためであって

その目的は「創造」なのだと。

 

◆創造性とは

  • 6割の情熱
  • 2割の知識
  • 2割の閃き

であるという。

 

今は情熱をもって知識を集めている最中なんだと。

そして彼は研究成果をネット上で公開し

料理版のウィキペディアを目指しているという。

 

自分だけの創造性のためではなく

世界中の人が料理を楽しむために、

料理が更に進化するために研究をしているのだ。

 

都内でおすすめのスペイン料理店3選

①ザ・キタノホテル東京 レストラン・サンパウロ

 

 

レストラン サンパウロ 詳しくはこちら

 

 予約サイト一休で口コミ評価4.69点という超高評価店です。

ゆえに・・・お高い(><)

ランチで7000円~

ディナーは16,000円~

 

永田町駅4番出口から徒歩1分

◆シェフ:カルメ・ルスカィエーダがプロデュースした食べるアートのスペイン料理

 

②小笠原伯爵邸

 

 

小笠原伯爵邸 詳しくはこちら

 

 予約サイト一休で新宿のレストラン232件中口コミ3位の名店です!

評価は4.62点(5点満点中)

 

歴史ある素敵な洋館で味わう

本場のモダンスペイン料理

 

こちらも・・・ちょっとお高め

ランチ8500円~

ディナーは12,000円~

 

若松河田駅  河田口出口より徒歩1分

 

③モアザン タパスラウンジ(ノット東京新宿)

 

 

モアザン タパスラウンジ 詳しくはこちら

 

 こちらはコスパ高の好評レストラン!

ランチビュッフェは2,500円~

モダンスパニッシュディナーは4,000円~

 

新宿中央公園の真裏 THE KNOT TOKYO Shinjyukuホテル内1階

 

口コミ評価4.26点と高評価なお店です。

 

エル・ブジの味を自宅で味わう方法

エル・ブジ 至極のレシピ集―世界を席巻するスペイン料理界の至宝 (世界最高のレストラン―スペイン編)

天才か!?

こんなレシピ本が日本で出版されているとは・・・

 

エル・ブジ 至極のレシピ集―世界を席巻するスペイン料理界の至宝 (世界最高のレストラン―スペイン編)

エル・ブジ 至極のレシピ集―世界を席巻するスペイン料理界の至宝 (世界最高のレストラン―スペイン編)

 

 

美食家たちには当たり前に知られた世界的名店なんですな~

私は今回初めて知りました(^^;)

 

でも、自宅でエル・ブジの料理のエッセンスに触れられるじゃないか!

やっぱりね、自分で作るとよりわかるよね、すごさが。

 

どんなワインが合うかな~

日本酒に合わせるのもいいね~

 

では、また~次回はピザだよ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

人気店が教える 小さなバルの絶品レシピ

人気店が教える 小さなバルの絶品レシピ