プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女とアインシュタインの脳】天才脳の秘密と最後の研究「統一場理論」

f:id:mousoumajyo:20191026184930j:plain

アインシュタインの脳の研究から

明らかに一般の人と違う特徴が見つかったよ!

それが非常に興味深かったのですよ。

今回はなかなかワクワクする内容となっております。

 

 

 

アインシュタイン その生涯と宇宙 上

アインシュタイン その生涯と宇宙 上

 

この本は上巻ですが

私が今回追うのはアインシュタインの人生後半~です。

取り出された脳が持ち帰られ

研究を許され

1960年ふたたび姿を消し

1978年にふたたび発見され

その結果わかった天才脳の特徴

 

まで一気にいきます。

今回が【独女とアインシュタインの脳】最終回っす。

 

 

ここまでのアインシュタインのおさらい

 

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

 

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

 

Amazonプライムビデオで視聴できるので

アインシュタイン 天才脳の行方と秘密』が

めちゃくちゃ面白いので是非観てみて~

 

アインシュタインの未完の研究「統一場理論」

アインシュタインがその死の直前まで追いかけていたのが

「統一場理論」です。

 

ドキュメンタリー『アインシュタイン 天才脳の行方と秘密』によれば

統一場理論をこんな風に説明してくれています。

 

全ての物理法則を

1つの式で記述しよう

という試みだ

 

どうやらこの世界にある4つの力にある法則を

1つの式で表現しようとしたようです。

「この世界にある4つの力」については

dokujyolife.hatenablog.jp

 

E=mc² くらいにシンプルに

この世界の物理法則を1つにまとめられたら・・

 

「まとめられる」という直感はあったんでしょうね。

私も実は「この世界は複雑に見えてすごく単純な法則で動いている」と

以前から思っているんですよ。

 

アインシュタインの天才脳を持って

30年間かけても、その理論は完成しなかったのです(;;)

だからこそ、天才が計算するまでもなく単純で

自然界を見渡せば「目の前に答えは見えている」ように

私は考えています。

 

アインシュタイン 天才脳の興味深い特徴

青島文化教材社 スカイネット 立体パズル 4D VISION 人体解剖 No.04 頭解剖モデル

これ、立体パズルなんで

よかったら是非一家に1つ

 

 

 

1960年にハーヴェイ医師と共に消えたアインシュタインの脳ですが

1978年、新聞記者によってハーヴェイ医師と脳が発見されます。

 

この28年の空白により

脳の研究が進んでおり

1960年には解明できなかった

天才脳の特徴が明らかになります。

 

アインシュタインの脳の特徴】

ちなみに左・頭頂葉

空間認知&数学的思考力に関わる部分。

つまり、どういうことかというと

アインシュタインは脳内で問題を視覚化・映像化でき

その脳内の仮想現実空間で同じ問題を

何度もあらゆる角度から問い直すことができたのです。

 

すごくないっすか!?

脳内にVR量子コンピューター内蔵されとるやないか!!

 

アインシュタインの天才的思考

さらに非常にわかりやすく

アインシュタインはなぜ天才なのか?」

という問いに答えを出してくれている本に出会った。

 

手元にφ(..)メモメモしかないので

どっちかの本であり、どちらでもあるかも(><)

どっちも役立つ知識の得られる本なので是非読んでみて

⇓ 

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る

 

 

 

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

 

 

そこにはこう書いてありました。

通常 物理学は

既存の理論と現実とのズレを

手がかりに発展していく。

 

アインシュタイン一般相対性理論

頭の中で組み立ててからズレを見つけた。

閃きの天才だ。

 

 

数学的天才でもあったアインシュタイン

脳内で高度なイメージ化能力まであったんだから

脳内で実験しまくれるわけです。

条件をいくらでも変えて実験できるやないか。

 

脳の使い方がかなり高度なのですが

どうやら感覚的にこの脳の使い方をマスターしていた

というのが怖いところ・・。

 

天才ってホントにいるんだなぁ。

 

まとめ:アインシュタインの言葉

脳を解剖され、研究される前に

アインシュタイン自身がその天才脳の秘密を

言葉で残してくれている。

 

■想像力は知識より大事だ、知識には限りがある、想像力は世界を捉える

Imagnation is more important than knowledge.

Kowledge is lomoted imagnation encircles the world.

---Albert Einstein 1929

 

■疑問を持つことをやめてはいけない、好奇心には存在価値がある

The important thing is not stop questioning.

Curiosty has its own reason for exist.

---Albert Einstein 1954

※なくなる1年前の言葉である

 

■目標に全身全霊を捧げる者こそ、本物の達人となる

Only one who devotes himself to a cause with his whole strength and soul can be a a true master.

---Albert Einstein 1938

 

一般相対性理論とリーマン幾何学

最後にアインシュタインの天才たる所以は

自分の頭脳におごらず

他の優秀な人から学ぶ姿勢を持っていたからではないでしょうか?

 

アインシュタインが一般相対戦理論を完成できたのは

古くからの友人だった数学者マルセル・グロスマンから

リーマン幾何学の手ほどきを受け取得したことが大きく影響している。

 

認め、敬意をもって、学ばせていただく姿勢

これも生まれ持った頭の回転の速さ以上に大事な気がします。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村