プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】友達=友情には権利と責任・義務が発生する!?

f:id:mousoumajyo:20220218171115j:plain

そういうことかぁ…シェルドンは無駄に「友達」範囲を広げない。

むしろ「極狭」設定にしている、安全のためらしい。

 

 

友達100人出来るかな~♪

という謎の歌がテレビから流され

「友達は多いほどいい」みたいな風潮で育った私の経験から…

シェルドンが正しいとしか言いようがない

 

「生き方」も考えさせられる、学び多きドラマ

 

 

 

今回のシーンはシーズン2の第5話より

オタク青年と運転免許の法則

 

いつも職場の大学まではレナードの車で向かているシェルドン

本日はレナードが運転してくれないため

ペニーを頼って交渉中

 

シェルドンは先日ペニーが「私たち友達でしょ」と言ったことを思い出し

その件を確認してから、「友情の権利」を行使することを宣言!

f:id:mousoumajyo:20220218171115j:plain

ペニーの「Yes, we are friends.」という返事を確認してから

Then I hereby unvoke what I'm given to understand is an integral part of the implied convenant of friendship.

(ならば、これにより僕が友情を理解する為に与えられた「友情の暗黙規約」に不可欠な権利を行使することにする)

⇒じゃあ、暗黙の了解で友情として認められた権利を行使する

 

それは何かというと~

”The favor."

「お願い」「頼みごと」

好意による手助け、サポート、善意からの親切な行動

 

どうやら、この言葉にペニーも折れてたんで

友情に付随する権利・責任・義務なようです。

 

このように「友達」というのはどんな関係性があるものか

感情や心情面だけでなく「関係に付随する権利・責任・義務」を提示されることで

「あ~、やっぱり友達ってのは極限られた人との関係性だな」と明確に見えてきたわけです。

 

友達というのはかなり限られた範囲となるわけですな。

信頼できて無償サポートできる、そんな相手がひとりでもいればいいじゃない。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村