プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】「この問題はおかしい」~テスト勉強脳になってた私に喝を入れてくれたフレーズ

f:id:mousoumajyo:20220314162513j:plain

問題集とかドリルとかで「テストで点数をとる」勉強法に慣れてしまって、

「この問題がきたら、答えはこれ」みたいにパターン化して覚えちゃってたなぁ…

 

 

「問題」対して、真っ新な気持ちで受け止め

「根本から思考」してたこと…あったかなぁ…とハッとしました。

 

まっすぐに生きるシェルドンを見ていると

「生き方」について考えさせられます(^^;

そんな人生にも役立つ、おすすめ海外ドラマ

 

シーズン⑫まであって、ずっと面白いです~

 

今回のシーンはシーズン②の第5話より

オタク青年と運転免許の法則

※プライムビデオで視聴できます

 

運転免許取得に動き出したシェルドン

さっそくペニーたちに「陸運局(州の車両管理局」へ連れていかれ

仮免申請へ

 

受付の女性が形式的に同じ説明をくり返し

流れ作業のように各自が申請を滞りなく済ませる中

シェルドンの番になり、不穏な空気が…

 

出だしから「受付の女性vsシェルドン」という空気に成りつつあり

「仮免申込み受付担当であって、苦情係りじゃないの」と、カウンターの女性職員に言われるも、シェルドンは己を通すのです(^^;

 

Excuse me, but I have some concerns about these question.

(ちょっといいですか、でも この試験問題には問題がある)

=試験問題がおかしい(間違ってる)

 

シェルドンの指摘①

問題:How many car lengths  should you have in front of you when driving?

(何台分の車間距離を開けるべき?)

 

この問題に対してシェルドンは

There's no possible way to answer that.

「答えるのは無理だ」といいます。

A car length is not a standardized unit of measure.

(車によって長さは違う)

 

まーそうだよね(^^;

なんなら、自分の車の速度と前を行く車の速度も関係してくるしね。

 

んで、この時私は思ったのです。

こういった試験って「試験勉強」してから臨むため

実際にその問題について「Why?」を深く考察する前に

「この問題なら、答えはこれ」という感じでパターンで覚えちゃってたなぁと。

 

なんなら、今までの「勉強」ってほぼこんな感じだったな…と。

実際には「どうしてそうなるのか」とか、根本的な深いところの考察も理解もしてなかったなぁ…と自分の浅さに気づかされた。

 

問題と既にある答えのセットを暗記って学習だと

実際に目の前に起きている「今の問題」に対して

「どうすべきか?」を志向する力が全然育たないんだよ(;;)

 

周囲や社会に合わせることなく「自分の考え」で動くシェルドン、

一見すると厄介な奴に見えがちですが

本来の正道はこの生き方なのかもしれません。

 

エメラルドタブレットのトートも

口が酸っぱくなるほど「思考しろ、自分の頭で考えろ」って書き残してたなぁ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村