プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女生き辛い世の中研究】「正解当て教育」で「失敗した人を笑う」社会は失敗を恐れ挑戦しない人を量産する

 

お題「どうしても言いたい!」

f:id:mousoumajyo:20181022094728j:plain

今日はちょっと大きなテーマになってしまっていますが、

個人個人の意識で自分の半径10m位の環境は変えていけるので

よかったら一緒に考えてみてください。

どうも~プロ独女みつまるです。

 

「生きるのが辛い」克服シリーズで

今は生きるのが辛くなる元凶の「恐怖心」や「恐怖」について

分解・分析・情報化しております。

 

昨日の投稿で「自分の中にある恐怖心と無意識に育つ恐怖の種」

と核心に迫った感はあるのですが、

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

今日は外的要因・環境的な恐怖の元をあぶりだしたいと思います。

何度も言いますが、仕組みや仕掛けがわかれば何でも対処できるもんです。

 

 

 

 

1つの正解を当てさせる教育が作った社会

 

私が大人になって感じている世の中の歪みの根源が

ここにあることがわかってきました。

 

SNSでも凄く意見がぶつかり合っていて

議論というよりはケンカや罵倒に近い。

 

誰もが自分は正しいという意識の元、間違っていると思う相手には

威圧的で攻撃的になる。

 

どうして自分に意見があるように相手にも相手の考えがあって

こういった多様性を受け入れられないんだろう?

どうして「どっちが正しいか?わからせてやる」という方向に

言ってしまうんだろう?

 

そんなモヤモヤした謎をずっと抱えていた私ですが

その謎を解いてくれる言葉に出会いました。

 

その言葉はこの本の中に出てきます。 

悪魔を出し抜け! (文庫)

悪魔を出し抜け! (文庫)

 

 

悪魔は人を支配するために

人から「自ら考える力」を奪うという話の中にこの言葉は出てきました。

98%の人は悪魔(恐怖心やマイナス思考)の支配下にあるらしく、

そういった人が悪魔の手先となって、考えない人・流される人を増殖させるそうだよ。

 

それは政治や教育の場にも及んでいるんですって。

その説明の中での一節。

 

正解するとほめられ

まちがうと笑いものにされる

勉強の場が

子供を考えない人にする

悪魔を出し抜け! (文庫)より

 

これ、めっちゃズシーーーン!ってきません?心に。

 

ここを読んでわかったんですよ。

どうして常識や正義も個人の認識にすぎないのに

相手に自分の常識や正義を押し付け強要する人が多いのか?!

 

正解は1つ

 

っていう思いがもう無意識に刷り込まれているんですね。

 

だから自分の思う正解と違う答えは

みんな間違いなんですよ。

 

正解は1つ、ほかはみんな間違い

 

えええええ!!!

って思うでしょ。

冷静になって考えれば、「えええええ?!」って思うことも

さいころからの教育や環境により

無意識に刷り込まれた「当然のこと」って凄まじい威力ですよ。

 

人のとっさの判断を牛耳っていますから。

とっさの判断は感情との結びつきも速いですし。

 

 

失敗した人を笑う社会が「失敗を恐れる」恐怖心の原因

 

先生の質問に対して

1つの正解を答えられればほめられ、

まちがった場合は笑われる。

 

テストで

正解を書けば◎をもらい高得点で賞賛され、

まちがえれば×をもらい点数わるいとバカにされる。

 

ものすごーーーく、

当たり前の風景ですよね。

私も何の疑問もなくこうした学生生活送ってきましたから。

 

でも、この当たり前と思っている環境が

「できる人」と「できない人」

「正解」と「不正解」

「賞賛」と「笑いもの」

当たり前に二極化した価値観をも当たり前という「思い込み」に繋がってる。

 

子供の頃って

バカにされて、笑いもになるってすごい恐怖!

なんですよね。

「お前はダメな人間だ」って烙印おされたような気分。

 

だからできるだけ「失敗しない方」を無意識に

選択する大人になっちゃいますよね。

すごく当然です。

 

人は自分の存在が軽んじられることや

自分に価値がないという思いには耐えられないもの。

 

 

これからは多様性の時代、失敗は成功の種

 

f:id:mousoumajyo:20181022110858j:plain

 

この世界は立体ですから、

トランプのカードみたいに裏表しかないわけじゃない。

 

正解と不正解でできているわけじゃない。

正解と不正解の境目もあいまいだしね。

 

 

与えられた問題で与えられた答えを探すことよりも

問題を探して、その答えを見つけるためにたくさん思考することの方が

生きていくうえでは大事だと42才の今、つくづく実感しています。

 

失敗した人を笑う人は、挑戦もしないし

革新的なアイディアもない人なので笑わしとけばいいよ。

もうそこに込められた感情が「あざけり」であったとしても

誰かを笑顔にしたわ、くらいに思って先に進む方がいいよ。

 

笑われても気にしないくらい自分を信じることに集中しよっと。

「人に笑われるかどうか?」

42才になると気にならなくなります。

だって「人はみんなそこそこの存在」ですから(^^)

 

 

人に笑われるくらいの方が

「人の理解を超える存在」なのかもしれませんよ!

ふふふふっふ。

 

「失敗なき成功は無い」

って古典の名書にもよく書かれています。

素晴らしい実績を残している先人たちが

口をそろえて言う言葉なので、

失敗は挑戦の証であり、

行動に対する貴重な結果という生きたオリジナルデータを

もたらしてくれますからね。

 

笑われたらチャンスと思いましょう。

 

では、また~みつまるでした。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村