プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第16首~①アメノサツチ クニノサツチ(解読)

f:id:mousoumajyo:20211215161549j:plain

よ~し、カタカムナ歌の示しの解読もどんどん行くぞ~

今日から「第16首」だよ~(遅)

 

 

 

カタカムナ第16首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211222145445j:plain

声に出して「音の響き」を体感しましょう☆

カタカムナ第16首】

アメノサツチ クニノサツチ

アメノサギリ クニノサギリ

アメノクラト クニノクラト

オホトマトヒコ オホトマトヒメ

トリノイハクスフネ オホケツヒメ

 

この唄も日本神話の神々の御名が連ねられております~

そこに、どんな意味が示されているのか!?

 

◆「アメノサツチ」音の示し

f:id:mousoumajyo:20211222145856j:plain

  • ア(感じる、生命、現象化)
  • メ(思考、指向、芽、目、渦の目)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • サ(遮り、差、現象の干渉)
  • ツ(集まる、津々、個々)
  • チ(持続、凝縮)

では、ここからカタカムナ文字が示すように

音を重ね「纏まり」=言葉として意味を解読していきましょう☆

 

◆「アメノ+サツチ」を解読

カタカムナ文字が示すように「アメノ」+「サツチ」で読み解いていきます。

”アメ がノしてサツチとなる”

 

●アメ(命の芽)とは

「アメ」と聞くと「=天からの雨」がイメージで湧くように

潜象カムの根源の力が現象の間に出て

「カ」から「タ」して「ヒ」となり「ヨ」から「ヤ」まで進む

生命の力(根源の力)を秘めた極微の粒子なのです。

 

「ア」が「メ」するとは

現象化の間に出た根源力を秘めた「ヒ」粒子が

四相性と方向性を以って極限・飽和まで進み

ヨからヤへ変還すること、なんですって

 

アメ=(感じる、生命、現象化)+(思考、指向、芽、目)

つまりアメとは「生命の芽であり、思考が指向をもたらし現象化へ向かう」

という事の示しのようです。

 

この根源の力を秘めた「アメがノ(変換)してサツチになる」、

ではサツチとは?

 

●サツチとは

現象の間に出た根源の力「カ」が様々に変還を繰り返すことで

多種多様な現象化粒子を発生させ、それらは「差」を持ち

1つとして同じモノは無く、その「差」故に力が様々に関わり作用する。

そしてこの差により起こる力の作用「カカワリ」によって

全てのもの(万物万象)が発生する、という事を示している。

 

ということは「サツチ」とは差によって生み出される

万物万象であり、生成される物質を示しているといえる。

 

◆「クニノ サツチ」音の示し

  • ク(引き寄る、自由な)
  • 二(定着、圧力)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • サ(遮る、差)
  • ツ(集まる、津々、個々の)
  • チ(持続、凝縮)

 

アメノサツチと対を成すように登場する「クニノサツチ」

これは一体何を示しているのか!?

 

◆「クニノ+サツチ」を解読

”アメノサツチが更にクニノサツチになる”と云うてるようです~

 

「クニ」=引き寄る、自由な、定着

つまり「クニ=粒子が集まり形を形成する」ことを示しています。

アメノサツチが更に「形をもった現象物=物質に成る」と言ってる(たぶん)

ということはクニノサツチ(形ある現象物)には

アメノサツチが秘められているということかな。

 

◆日本神話におけるアメノサツチ・クニノサツチ

日本神話におけるこの御名を持つ二神が、どんな神さまかというと

大山津見神とノヅチの神によって生み出された

「山と野の神々」の中の一対です~

たぶん「天地の砂土」の神霊なのでしょう。

 

14首で登場した「家宅六神」でも「土と砂」の神が最初に登場したので

非常に重要なモノであることが読み取れます。

土と砂は大地との接点で地表を覆う「界面」なのかもしれない。

その界面から出た最初の粒子の象徴なのかな~

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村