プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第18首~②アマタマノムカヒ(解読)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

では、先へ進もう☆

「現象化の間」で何が起きているのか!?

 

 

 

カタカムナ第18首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220115152715j:plain

中央の象図が「フトマニ」なことにご注目!

では声にだして歌を詠んでいきましょう☆

 

カタカムナ第18首】

カムアシキネ アマタマノムカヒ

アマアメ オホトノヂ オホトノベ

アマクニムカヒ トコタチ

 

「カムアシキネ=現象化の間(場)」で何が起きているのか説かれていくよ~

 

◆「アマタマノムカヒ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220115153129j:plain

  • ア(感じる、生命、現象化)
  • マ(間、真、受容、現象の間)
  • タ(分かれ出る、正反親和の状態で発生)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • ム(無、無限、広がる、六方環境から)
  • カ(根源の力、はじまりの力)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマニ・フトマリ)

ここから音を纏まりにして「言葉」で解読を進めていきます。

 

◆「アマ+タマ+ノ+ムカヒ」とは?

カムが「現象化の間を発生、生命・現象の発生の根源場」であると

前の句(?)「カムアシキネ」で述べてますが

ここから詳しい解説に入っていきます~(親切やね)

 

潜象カムのカがどうやって「現象化の間」を生成しているかというと

①カ⇒「アマ」へ

潜象カム界の根源の力「カ」が「アマ」となり

※アマ=生命の間、感受の間、現象界

 

②アマ⇒「タマ」へ

その「アマ」は「タマ」となり

⇒アマは「タの間」となり

⇒現象界アマは「カが(正反親和の状態で)分かれ出る間」

⇒アマは「球」になる…転がりながら実体化していくことかな?

 

③アマタマノ⇒「ムカヒ」へ

カ⇒「アの間」アマ現象界になり

⇒アマは「タ(カが分かれ出る)の間」に変還(ノ)して

⇒アマタマが「ムカヒ(対向発生)」の場となる

 

ふむふむ アマタマのリズム気になりますな。

 

◆アマタマ=天と球⁉

現代日本語にも音の示しがDNAの様に受け継がれているとして

アマタマノムカヒ…こんなイメージ湧いてきます。

 

”天(アマ)と球(タマ)の向かい(ムカヒ)”

⇒天と球の向かい合う場⁉

 

天(目には見えない力・自然界に働く偉大なの力)と

球(転がりながら実体化する物質・生命)の

向かい合う場(対向発生の場)!!

 

私の睨んだところでは「球」という表現が

原子・分子の関わりからはじまり地球や太陽などの惑星まで

その生成構造を示している気がするんですよね…

「凄くないですか、カタカムナ人!」

 

知覚も表現も鋭利やね(^^;

 

カタカムナ人の血が現代日本人にも受け継がれている…といいな。

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村