プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第27首~④イホクニツマリ とは?

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

よ~し、どんどん進んでいくぞ~

「イワクスユマリ」と対になってる?? 

 

 

 

カタカムナ第27首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220306164855j:plain

声に出して音を響かせウタいましょう☆

 

カタカムナ第27首】

イハクスユマリ アマナクニヌシ

ワレムスビ イホクニツマリ

ヤヘモコロ

 

「イハクスユマリ」「イホクニツマリ」

対になっているように見えるぜ~

 

◆「イホクニツマリ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220307170249j:plain

  • イ(伝わるもの、陰、あらゆる生命体を構成する最初のハジマリ)
  • ホ’(ほぐす、引き離す、正反発生+親和重合)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • ニ(定着、圧力、現れ)
  • ツ(集まる、個々の)
  • マ(間、真、現象界の間、受容)
  • リ(離れる、対向発生)

ここから音を重ねて「言葉」にして解読を

 

◆イホ+クニツ+マリとは

イホ+クニツマリかも?

どっちにしても「示し」は一緒になるさ~

 

●「イホ」とは

ミツゴのミ粒子から「あらゆる生命体を構成する最初のハジマリ・イ粒子」まで

正反発生+親和重合を繰り返した状態

 

ミ粒子(潜象の極微粒子)⇒イ(現象化粒子)への進化

これを「イホ」って2音が示しているらしいす。

 

●「クニツ」とは

引き寄り、自由に(ク)定着し(二)集まる個々の(ツ)

+「クニ=現象物」だから、”集まって現象物を生成する(個々粒子)”

って感じかな。

 

●「マリ」とは

オホトマトした「マとカ」が統合した現象化の間(マ)から

対向発生して離したマリ(球体・粒子)

 

どうやら「イホクニツマリ」は潜象粒子から実体ある現象化粒子と進んだ

「アマナクニヌシ」を秘めたクニを成すイ粒子のことらしい。

 

◆古語で読む「イホ(五百)+クニツマリ」

古語で「イホ」が何を示すかというと

イ=五、ホ=百となり「イホ=五百~数多くの」という意味なんです。

 

ちなみに「クニツ=国津」その意味は「地上の」です。

国津神の国津です~

 

つまり「ワレムスビ」した

「アマナクニヌシ」を秘めた

「イワクスユマリ」ってのは

「数多の種類の地上の万物万象を生成するマリたち」なんですよ~

 

ここで既に多種多様な現象化粒子として発生しているわけです。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村