プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第28首~①イキノヒトツネ (”壱岐”は重要な地かも)

f:id:mousoumajyo:20220117155532j:plain

よーし、第28首の解読はじめよう~♪

なんかね、第28首は世界の古代の知恵に繋がる予感するんすよ。

 

 

 

カタカムナ第28首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220318143746j:plain

声に出して、音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第28首】

イキノヒトツネ イククヒノツチ カグナツチ

イハサクネサク イハツツヌヲ

 

なんか声にだして詠むだけで

植物とか樹木が育っていく様子のイメージ湧いてきませんか?

 

◆「イキノヒトツネ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220318144107j:plain

  • イ(伝わるもの、陰、最初の最小のハジマリ=あらゆる生命体を構成する最小単位の粒子)
  • キ(気、エネルギー、発生)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • ヒ(根源から出入、ひとつの、最初のフトマリ)
  • ト(重合、統合)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • ネ(根、充電、満たす)

ここから音を連ねて「ことば」にして解読を

 

◆イキ ノ+ヒトツ ネ とは

「イキがノしてヒトツネになる」といった感じに読めます。

では「イキ=ノ(変換)=⇒ヒトツネ」とは何ぞや?

音の示しから解読を

 

●イキ ノ=イキがノして

”あらゆる生命体を構成する最小単位の粒子=生命現象化粒子の「イ」が

エネルギーをもって発生(キ)し、変還(ノ)して”

 

イキ=生命粒子「イ」の発生

という読みをする方が多いようですが

 

私的にはこっちの方がしっくりきます。

”イキ=生命現象粒子「イ」が「キ」気・エネルギーを以って発生”

※まだ80首まで全部理解できてないので、あくまで私的感受です

 

●ヒトツ ネ=ひとつの根になる

もう完全に音の響きを現代日本語で解釈した感じです(^^;

でも、遠からずな気がしております。

 

ヒトツ=ひとつ(一つ)なんだけど

それは単なる「1個」ではなくて、

”根源の力の変還で最初のフトマリ「ヒ」粒子が

重統合し(ト)個々粒子が集まった(ツ)もの”

それが「ひとつのマトマリ」になったものってことが重要なんです。

 

「ひとつ」に見えて実は多数の個々粒子から構成されており

既にかなり複雑で変化性に富んだものなのです。

 

その「ヒのトツ体」がイキ=生命現象の「根」になるって云うてます~

 

◆「生き」のひとつ根

ややこしいんですが

  • イキがノして「ヒの重合(ト)集合(ツ)」の根になる
  • 「ヒの重合集合(トツ)体=ひとつ」が生命現象(イキ)の根になる

相互関係にあるのかな?と思われます。

 

とにかく「ヒ・フ・ミ・ヨ・イ」って根源の力が変還して

多様な現象化粒子になっていくのですが

「イキ=生命現象」の根源・根っこには「ヒの重合」があるよ~ってことでしょう。

 

ただの「ヒ粒子の重合体」ではなく

「ネ」としてのエネルギーチャージ性能(性質)をもっているわけです。

「ヒ=根源から出入」なので、カム界の力を吸い上げる根になるんでしょうね。

 

壱岐のヒトツネ

カタカムナ28首の「イキ」と日本神話の聖地「壱岐」は

何か繋がりがある気がしてならない、私です。

 

壱岐」はアマ現象界における

生命現象化の根源力に通じる「極地」なのかもしれません。

いわゆる強磁場スポットとかレイラインなのかしらね。

 

そう思って「壱岐の島」行ってみたいなぁ

って調べたらちょっと怖い話が出てきた(^^;

やっぱ隠岐の島からにしようと思いました。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村