プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第29首~①ミカヒシキシマ(敷島=大和国)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

カタカムナの解読もやっと29首まで来ましたよ~

ところが、ある有名都市伝説系(?)youtuberさんの動画で

カタカムナ」が取り上げられており、その解説みてビックリした私です。

 

 

あ~そういう事もあったのかぁ、と。

「古代日本の文明人にしてアジアの祖族・アシア人」って話を

メインにカタカムナ&古代日本の謎解きがなされていました。

 

「アシアトウアン」ってのはアシア族の族長らしい。

そして宇宙の真理を悟った人物だというのです。

ここは新解釈+追加解釈ってことで今後取り上げていきます。

 

 

カタカムナ第29首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220324153510j:plain

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第29首】

ミカヒシキシマ ハヤヒタケフツ カタカムナ

オホワクムスビ ヤタシマ

 

「ミ」「カ」「ヒ」が一気に並んだ!!

これは何を意味しているのでしょうか!?

 

◆「ミカヒシキシマ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220324153812j:plain

  • ミ(光、実体、生命力の実質、実)
  • カ(ちから、根源の力)
  • ヒ(根源から出入、ひとつの、最初のフトマニ
  • シ(示し、現象、司る)
  • キ(気・エネルギー、発生、潜象の干渉)
  • マ(間、真、現象界の間、受容)

ここから音を連ねて「ことば」にして解読を

 

◆ミカヒ+シキシマとは

「ミカヒ」はそれぞれに、現象界における根源の力の変還態(体)ですよね。

それと「シキシマ」の関係とは!?

 

●「ミ・カ・ヒ」とは

カム潜象界の根源の力「カ」がアマ現象界に発生し

「ヒ・フ・ミ・ヨ・イ」と変還していく。

つまり、この3つの音はアマ現象界で万物万象を生みだす

根源の力を秘めた基礎の力=「潜象の3つの力」を示している。

 

でも、その並びを見ると「ミ・カ・ヒ」それぞれ3つの根源の力粒子を示しつつも

なにやらもっと意味深い構造体のことを云っているようです(う~む)

 

古語で「カヒ」と引くと

⇒「ほら貝」「効き目」「効果」とあります。

 

「ミ」粒子がほら貝のような螺旋に広がる動きで響き渡り、現象化効果を示すって

ことをいっているのかな?とも思うのですが解読の先人(先輩)方によると

「ミ」=ミツゴイカツミ・マクミ・カラミ)の

「カヒ」=素量 だというのですφ(..)メモメモ

 

それが「シキシマ」だと⇒「ミカヒ=シキシマ」だと。

 

◆「シキ・シマ」とは

「ミカヒ=ミツゴの素量(カヒ)」とは

間に示された(シマ)発生エネルギーであり、潜象の干渉(シキ)である。

 

「ミカヒ」が「アマ現象界の間」に於いて

エネルギーとして発生し、潜象の干渉をもたらすものだと、云ってる!?

 

んで、更にこの「シマ」を「島・縞」のイメージとつなげると

「ミカヒ」は「アマナ(シマ)」として発生し示されたもの、となるそうです。

 

◆日本神話・古語・現代日本語からの解読

ここで私が気になっていることを

そのまま勝手な解釈で「私の解読」として

ここに書き綴っておきます。

 

  • ミカ=三日・満ち欠け(月)
  • ヒ=日(太陽)
  • シキシマ=敷島(大和国)※日本国を示す

 

ミカヒで燦々と輝き続ける太陽を示しているだけかもしれないが

私にはどうも「ミカヒ=月と太陽」に感じるのです。

 

月と太陽の力が満ちる「敷島」と唄っているのかな、と。

月と太陽と敷島で「三位一体」か、月と太陽の子=敷島なのかも。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村