プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第29首~②ハヤヒタケフツ とは

f:id:mousoumajyo:20220131144110j:plain

よ~し、どんどん行こう~

カタカムナ第29首の解読進めます。

 

 

 

カタカムナ第29首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220324153510j:plain

声に出して音を響かせ歌いましょう☆

 

カタカムナ第29首】

ミカヒシキシマ ハヤヒタケフツ カタカムナ

オホワクムスビ ヤタシマ

 

ミカヒシキシマ⇒ハヤヒタケフツとは

どういったことをいっているのでしょうか?

 

◆「ハヤヒタケフツ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220324153812j:plain

  • ハ(引き合う、正・反)
  • ヤ(飽和する、飽和安定・極限崩壊、限界飽和)
  • ヒ(根源から出入、ひとつの、最初のフトマニ
  • タ(分かれる、独立発生、正反親和の状態で発生)
  • ケ(放出する、様々な変化性を以って)
  • フ(ふたつの、増える、負)
  • ツ(集まる、個々の、津々)

ここから音を連ねて「ことば」にして解読を

 

◆ハヤヒ+タケフツとは

またしても「ヒ」や!

ということで「ハヤヒ」「タケフツ」で見ていきましょう。

 

●「ハヤヒ 」

”正反発生+正反親和=正反性(ハ)を飽和限界(ヤ)まで進める「ヒ」粒子”

 

どうやら現象界の間にエネルギー発生した「ミカヒの力」が

どのように「マカ」に練り上げられ変化していくかを

説いてくれているようです。

 

●「タケフツ」

タケフツ=タケ+フツ

現象界の間でマカにより「ハヤヒ」まで練り上げられた「ミカヒ」は

「タケフツ」する、って云ってる。

 

様々な変化性を秘め正反に独立発生(タケ)し、

二相に分かれた個々粒子を発生(フツ)する。

どうやらタケに時点で「四相性・極限性」を持った状態

までに練り上げられているようです。

 

そこから更に、変化性と複雑な構造をもった

「正反の二相の粒子」になって出現するわけですな。

陰陽とか、男女(雄雌)とか「3」を生み出す「2」の発生です。

 

◆ハヤヒタケフツで遂に「陰・陽」エネルギー出現か!?

どうやら、ここにきてグッと3次元化の始まりがはっきり見えてきたようです。

やはり、初めにでっかい「1=ヒトツのマトマリ」に練り上げてから

そこから正反に二相性を以って分離させていくのですな。

 

1から生まれし極相の2つ「正反」ですが

その2つから生み出される「1」は最初の「1」に非ず。

ここが面白いところですよね~

「マカ」の練り上げ効果がここではっきされとるのかぁ。

 

ここからは2つの「カケアイ」のバランスで

とんでもない多様な生成が可能なわけです。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村