プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第29首~③カタカムナ オホワクムスビ(火と土の神の子)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

あ!! エメラルドタブレットの「地を火から分離せよ」ってのが

ここにきて繋がってきたかも(興奮気味)

 

 

 

カタカムナ第29首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220324153510j:plain

声に出して、音を響かせ示しを感受しましょう☆

 

カタカムナ第29首】

ミカヒシキシマ ハヤヒタケフツ カタカムナ

オホワクムスビ ヤタシマ

 

では「カタカムナ オホワクムスビ」の流れで読んでいきましょう。

 

◆「オホワクムスビ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220324172514j:plain

カタカムナ」に関しては何度も登場しているのでスキップしちゃいます。

  • オ(奥深く、六方環境=アマ現象界の3次元環境)
  • ホ(引き離す、正反発生+正反親和、カムウツシ)
  • ワ(環、輪、和、調和)
  • ク(自由な、引き寄る)
  • ム(六方環境から、広がり)
  • ス(一方へ進む、方向性を以って、透けた状態・潜在)
  • ビ(ヒ粒子、ひとつの、根源から出入、最初のフトマニ

では音を連ねて「ことば」にして解読を

 

カタカムナ⇒オホワクムスビとは

29首の「カタカムナ」の部分は

前の部分「ミカヒシキシマ ハヤヒタケフツ」を起こしているのが

カタカムナ」の力によるものであって、

更にそれがどのように作用しているのかを述べてくれているようです。

 

カタカムナの力によってアマ現象界で発生&練り上げられ

”「現象化の間の環境に親和(正反発生・親和重合の繰り返しより)=オホ」して

自由に引き寄り大きな和(ワク)となって発生(ムスビ)する”(ヒとして)

 

※次の「ヤタシマ」に繋がります

 

ここは「オホして調和した枠=法則的構造をもって発生する」としてもいい感じです。

 

◆火と土の神の子~食物神ワクムスビ

古事記と日本書記でその生まれにちょっと違いはあるのですが

イザナミが大火傷を負いながらカグツチ(火の神)を産んだ後に

イザナミの汗や尿や水分から生まれた神なのです。

 

日本書記によるとカグツチとそのすぐ後に生まれた土の神との間にできた神だそうです。ここで「火と土による生成が」はじまっております。

 

ヒ=日・火=光と熱

と考えますと「火と土」による生成ってのは

ズバリ「太陽の力を受けての地球の生成力」を示しているのかも。

ワクムスビは「食物の神」とされていますが

実は「火と土による地球の生成力そのもの」でしょう。

 

エメラルドタブレットによると、

人もまた「火と土」の生成物なんだそうです。

人類は太陽×地球の子(もっというと父・太陽×母・月×乳母・地球の子)

 

”地を火から、微細なるものを粗大なものから非常なる勤勉さで丁寧に分離せよ”

このトートの言葉はカタカムナにも通じているようです。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村