プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第34首~⑤(タニキビコ⇒)アキツノ

カニキビコ」の興奮冷めやらぬままに「アキツノ」へ続くよ~

 

 

 

カタカムナ第34首を詠む

声に出して、音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第34首】

アマツミソラノ アメヒトツハシラ 

サドオホヤマト イヤシロチ

タニキビコ アキツ イヤシロスベ シマカサネ

オホタマルワケ オホコトオシヲ 

トワチカ フタヤヒメ

 

「タニキビコ」を受けての「アキツ ノ」って考えると

なかなか胸アツです☆

 

◆一音一音の示し

  • ア(感じる、生命、現象化)
  • キ(気、エネルギー、発生)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • ノ(時間をかける、変還する)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆「アキツ+ノ」とは

カタカムナ文字の示しでは「アキツ」「ノ」になっております。

アキツ」は以前にも登場してまして

その意味は『(個々の)生命・現象物』でしたよね(^^)

 

生命(ア)+(エネルギー・気)キが集まったモノ=現象物

カタカムナの音の数式構造えぐくないっすか⁉

 

アキツ+ノ」⇒”アキツに変還して”

◆タニキビコ⇒アキツ

 

つまり、「タニキビコがアキツに変還して」と説いているわけです。

 

現象・物質のはじまりは「カムから発生を繰り返すエネルギー極微の粒子(キビソ=諸糸)」だと

ねっ!

ねっ!

素粒子超弦理論に話繋がってきてるでしょ、カタカムナのウタの示しも☆

 

 

 

 

では、その先へ参りましょう☆

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村