プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第36首~⑥ツラナギ メグル トヨツラナミとは

難しい…既に解読作業で脳がいっぱいいっぱいの私です。

 

 

でも、くらいついていく!

いつか雷に打たれたように「ズドン!」と理解に至るかもしれないしね。

 

 

カタカムナ第36首を詠む

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

カタカムナ第36首】

カムナガラ オホワタツミ カハウミワケ

イカツ アワナギ アワナミ カタフトムスヒ

イホトノヂ アメノミクマリ クニノミクマリ

ツラナギメグル トヨツラナミ

 

では最後の部分の解読を

 

◆一音一音の示し

「ツラナギ」

  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • ラ(場、関わる)
  • ナ(核、重要なモノ、夥しい、何回も)
  • ギ(気、エネルギー、発生)

「メグル」

  • メ(芽、目、思考、指向、渦の目)
  • グ(引き寄る、自由な)
  • ル(留まる、止まる、湧きだす、存在する、流動的に循環する)

「トヨ ツラナミ」

  • ト(重合、統合)
  • ヨ(新しい、陽、四相性)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • ラ(場、関わる)
  • ナ(核、重要なもの、夥しい、何回も)
  • ミ(実、身、実体、光、生命力の実質、ミ粒子)

では音を連ねて「ことば」にして解読を

 

◆ツラナギ とは

「ミクマリ」が「ツラナギ メグル トヨツラナミ」になるとウタわれています。

 

解読の先輩方は「ナギ・ナミ」を

  • ナギ=粒子性
  • ナミ=波動性

と解釈しておられるようです。

何となく「そうかな?」と私も理解してたんですが

最近はどうもその理解に揺らぎが…

 

私の中では音の示しから

  • ナギ=核を成すエネルギー・気(の発生)~何度も発生を繰り返すエネルギー
  • ナミ=核を成すミ粒子~何度も発生を繰り返すミ粒子

というイメージの方が強くなってきたのです。

ナギもナミも核(原子核~原子)を構成する要素であり

その動きとして「回転(メグル)」があるから「粒子性」を持ち

さらに纏まるとその動きは「波動性」を持つってことかなぁ。

 

今はこんな感じで、モヤっとした理解です(^^;

 

「ツラナギ」はミクマリが次々と集まり、場のカカワリに作用によって

「連なりナギ(核成すエネルギー)の纏まり」になるってことかな。

 

ミクマリがツラナギになったものを

「カブシヌ(電気粒子)、ウキフヌ(核子)の発生」と

解読の先輩方は解釈しているようです。

それが「メグル トヨツラナミ」になるということは…

◆ツラナギ⇒メグル トヨツラナミ

ミクマリが「ツラなったナギ」となり

更に 「メグル トヨツラナミ」になるんですって。

 

「核成すエネルギーの纏まり」が

回転・循環する(メグル)+重合・四相(トヨ)のツラナミを形成するのです。

 

やっぱり「ツラナギ(核なる気)」が

「ツラナミ(核なるミ粒子・実体)」を纏める力となって

重合性+四相性をもつ「現象化粒子~原子(アトム)」を出現させるんじゃないでしょうか。

 

ちなみに「ツラナミの四相性」とは

  • 粒子性(ナギ)
  • 波動性(ナミ)
  • 結球性(マリ)
  • 流線性(シマ)

と解読の先輩方は解釈しているようです。

ここも私的にはモヤっとしておりまして、

  • ナギ(核成すエネルギー⇒内に纏まる力)
  • ナミ(核成す実体力⇒外に向かう力)
  • マリ(マからの分離性⇒マトマリの力)
  • シマ(複雑な構造・計画を秘めて出現⇒生命・現象の設計力)

こんなイメージの方が強いのです。

 

どっちにしても「ナギ・ナミ・マリ・シマ」の性質を持つのが

現象化粒子でアマ界の生成力だってことには

妙に納得しております。

 

(全体まとめへ つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村