プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第37首~⑥カヤヌヒメツチ イヤミソギ (野の神、草の神)

カタカムナ第37首も最後の一節です~

野の神、草の神の御名の登場は何を意味しているのでしょうか?

 

 

 

カタカムナ第37首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第37首】

カムナガラ アメノクヒサモチ カタカムナ

クニノクヒサモチ オキミツゴ

サキカゼ キノククノチ 

イヤミソギミチ オホヤマツミ

カヤヌヒメツチ イヤミソギ

 

では、最後の一節を読み解きましょう。

 

◆一音一音の示し

「カヤヌヒメツチ」

  • カ(根源の力、ちから)
  • ヤ(飽和する、限界飽和、飽和安定・極限崩壊)
  • ヌ(突き抜く、貫く、目には見えぬ力・存在、その奥に潜んだ主)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、ひとつの)
  • メ(芽、目、思考、指向、渦の目)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • チ(凝縮、持続的に)

「イヤミソギ」

  • イ(伝わるモノ、陰、あらゆる生命体を構成する最初の最小のハジマリ)
  • ヤ(飽和する、限界飽和、飽和安定・極限崩壊)
  • ミ(実、身、実体、光、生命力の実質)
  • ソ(外れる、環境、それぞれの、素)
  • ギ(気・エネルギー、発生・出現)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を進めていきます。

 

◆カヤヌ+ヒメ+ツチとは

カタカムナ文字の表記に従い3つの音の塊から解読を。

 

「カヤヌ」

=根源の力(カ)は限界飽和(ヤ)まで進む潜象の力

=(つまり)進む方向性をもった潜象根源の力を以って

 

「ヒメ」

=ヒのメ(ヒ粒子の芽=ヒの核)

=秘め(ヒメ)て

 

「ツチ」

=集まり(ツ)凝縮(チ)し

=個々の発生・運動・変遷を持続して

 

”カヤヌをヒメてツチして”⇒イヤミソギ

 

◆イヤ+ミソギ とは

「イヤ」=イがヤ(飽和)まで進む、ミソギしながら

「ミソギ」=ミをそれぞれの環境・状態に合わせてイモ発生させる

 

イヤミソギによって

現象の間に生成される生命・現象は

存在が置かれた環境・場に合わせて

最適な状態を維持しようとする力(作用)が

オートで働くわけです。

 

「イヤミソギ」=生命・現象が自らを「イヤシロチ」化する作用

自己調整機能・自動浄化機能・自動修正修復機能…であり、

分裂発生増殖を盛んに行っている状態って感じかしらね。

 

◆野・草の神~カヤヌヒメ神

カヤヌを秘めた「ヒのメ」により

生命・現象が最適な状態で「イキ」続けられるわけです。

 

カヤヌとは何か?

日本神話における「カヤノヒメ神」は野の精霊であり草の神でもあります。

この神の名の「カヤ」とは茅のこと。

「茅葺屋根」と云われるように「カヤ」は屋根をつくる素材なのです!

家宅六神が神産みでまず生成されたことや

屋根の重要性については以前触れました。

 

 

「カヤヌ」とはカム界とカム界の根源力と繋がる大事なモノのようです。

解読の先輩方は「カヤヌ」を”遺伝子発現の力”と云ってます。

 

そうなってくると「オホヤマツミ」がどんな大きなマトマリなのか

もっとよく見えてくるのです。

 

(まとめに続く)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村