プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【今日の私はとても眠い】カタカムナ第39首~まとめ:潜象から現象へ

そういう事か!?

しかし、今ブログを書いている私はとても眠いので思考力が…

 

 

 

カタカムナ第39首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第39首】

カムナガラ ヒノカカヒコ ヒノカクツチ

イヤミソギムス カタカムナ

カナヤマヒコ カナヤマヒメ

イヤミソギ ハニヤス、ヒコヒメ

ミハツ ワクムス イヤミソギ

 

今回は「イヤミソギ」に注目しながら解読を

 

◆潜象の力から現象化へ

いくぞ~第39首の示しを

出来るだけまとめてみるぞ~

 

第39首に示された「イヤミソギ3段活用」

へ行く前に!

カタカムナ人が悟った『生命発生の基本原理』について見ていこう☆

「ヤタノカガミ」+「フトマニノ ミコト」

こえが生命発生の2柱です!

 

日本神話における神の御名が

「~神」「~命」である意味を

今一度深掘りしてみると、いいかも。

 

 

◆イヤミソギ3段活用

<イヤミソギ第一弾>

アメノサツチ&サギリ(潜象のマリ状態)がイヤミソギによって

「サネ」(核、アマナ、カタカムナ)となり

ヒノカカヒコ(現象に出る力)、ヒノカクツチ(現象の中にかくされ持続する力)をヒメたヒの変遷の極微粒子(マリ)をムス(発生)する!

 

ここで「イヤミソギ」が何たるかを再確認

  • ミの粒子化の進行
  • 潜象粒子から現象粒子化
  • 分裂・発生・増殖

では、次なる段階へ

<イヤミソギ第二弾>

更にカナヤマヒコ・カナヤマヒメを秘めてイヤミソギされると

「サネ」の内実(ミ)は”ミソデホト”(ミツゴの正反のミツハを構成)して、

ワクをムスぶ

ヤマツミ(現象物の細胞レベルの粒子)として発生する

 

<イヤミソギ第三弾>

細胞レベルの盛んな分裂・増殖が発生(イヤミソギ)して

現象物(ヤマ)の生命核(アマナ=原子核細胞核)の力となり

  • ミツゴナミ(電磁波)
  • アメノウヅメ(生体波)

と 呼ばれる波動(ヒビキ)を出す。

更にアマ界に於ける「カカワリ」が加速していく。

 

◆イヤミソギが3段目まで進むと

アキツ・現象物の)「サネ(核内)」の

ミツゴマリがミツハの「モロコ」を構成することで

生命体(オホワタ)としての細胞(ツミ)のワクがムスばれて

生命発生のイヤミソギが達成され

  • アマ(始元)
  • タカ(発現)
  • マカ(分化)
  • ハラ(還元)

の生命の廻り(マワリテメグル)が

くり返し(ヒコヒメにより)続けられる、ってことらしいです。

 

◆第39首のポイント

潜象カム界の根源力・無限の力が

如何にして現象界を造り、現象していくか?

が具体的に示されております。

 

この先、さらに詳細な解説が成されていきますが

第39首は重要ポイントになっていると思われます。

 

段々と日本語の音のヒビキが

そのまま「現象の物理」を示しており

音の連なりが創る「ことば」が現象への干渉力を持つ

いわゆる「言霊」となるってことが

実感できてきたのではないでしょうか?

 

もの凄い睡魔の中、書いているので

文章がメチャクチャなところあるかも…すいません。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村